人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

国内でP2P技術にもっとも長けた技術者はどこのだれでしょうか?理論や権威ではなく、実際のプログラム開発者としてです。参考HPなくてもかまいません。(Winnyの作者は回答から除外)

●質問者: dayofgreen
●カテゴリ:ウェブ制作
✍キーワード:P2P Winny プログラム 国内 技術
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● snoop_dogg1978
●10ポイント

http://www.newrong.com/

newrong.com

(株)ニューロンの山田育也氏は、独自のP2Pプロトコロルを実装し、特許申請中とのことです。


2 ● くいっぱ
●10ポイント

http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/tanpatsu/05groove/groove01.ht...

Grooveとは何か?

P2P、非常に定義が曖昧ですが、Grooveのレイ・オジーさんがP2Pの先駆けで、その方向に向かっているとするならば…。国内であれば……。

…。だれだろ…。

以外と先駆けという意味ではIP MessengerのH.Shirouzu氏とか。

…。最新技術に長けたというよりは、実用化するものを作り上げる技術に長けたという扱いです。メッセンジャーもP2Pだと思います。

他に、インターネットが普及しだしたころ、「くまチャット」とよばれるソフトがありました。まだP2Pの考え方が一般的になる前に作られたクライアントサーバのものすごく単純なソフトですが、接続の中断により、親と子が入れ替わります。私はこれは当時画期的だと思いました。クラサバの形式をとりながら関係としては誰が親になってもかまわない。まさにP2Pの元祖ともいうべき形なのではないでしょうか。

「最先端の技術者として長けている」という視点を敢えてずらしてお送りしました。今、誰がやっていることが最先端なのかは、今後、我々がどの方向に進むかによって異なるからです。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~tosinari/_j-bajitoufu/J012.html

馬耳東風

http://www.asahi-net.or.jp/~VZ4H-SRUZ/ipmsg.html

IP Messenger 開発研究室

http://www.ceres.dti.ne.jp/~yuzuru-k/freesoft/kumachat.html


3 ● suikanonaraduke
●20ポイント

http://www.interz.jp/p2p/share.htm

Share(仮称)について考えてみる

公式ページは全て閉鎖してしまっているので(Winny騒動を受けて),開設サイトです.

「share(仮称)」という名のP2Pソフトを開発していた「村長」という人が,ポストWinnyを目指していたということなので,この人だと思います.

◎質問者からの返答

ありがとうございます。さすがに実名はわかりませんね。こういうアングラ系だけでなく、まじめなP2P開発者の情報もまっています。企業内個人でもOKです。


4 ● matu0903
●10ポイント

http://www.softether.com/

ソフトイーサ (株) - 業界標準の広域イーサネットと インターネットVPN を目指して

softetherというソフトを作られた登氏は技術者として

すごいのではないのでしょうか

その実績をかわれ、三菱マテリアルとも提携を結んでいるみたいですし・・・。

この技術はP2Pとはちょっと違うVPNという技術なのですが、P2P技術にも十分応用がききます

◎質問者からの返答

ありがとうございます。こういう人でP2Pの達人を探しています。


5 ● snoop_dogg1978
●30ポイント

http://groups.yahoo.co.jp/group/ja-jxta/

Yahoo!グループ : JXTA日本語ML ( ソフトウェアのメーリングリスト)

ここに参加すると見つかるかもしれませんね。

◎質問者からの返答

なるほど。ありがとうございます。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ