人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

NASAが導入している”technology readiness level”に関する日本語の情報を教えてください。

●質問者: pipipi
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:level NASA 日本語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● muryoo
●25ポイント

http://www.newswatch.co.jp/theme/QTRS/sampledata/JS0412.html

ひょっとしてこんな感じでしょうか?

http://nepp.nasa.gov/index_nasa.cfm/933/

NEPP - Technology Readiness Level

上のURLはついでです。

http://www.iadf.or.jp/8361/LIBRARY/MEDIA/H15_doukochosa/h15_4-1....

↑ PDF 15ページで、TRLで検索されるとでてきます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。TRLの訳は「技術達成指標」なのでしょうか?

以下のURLをベースにした情報があると助かります;

http://www.asc.nasa.gov/aboutus/trl-introduction.html


2 ● muryoo
●10ポイント

http://www.worldlingo.com/wl/translate?wl_lp=EN-ja&wl_glossary=g...

Free Website Translator. Online Website Translation

http://www.asc.nasa.gov/aboutus/trl-introduction.html

から理解できる範囲では PDF文書にあるようにTRLは「技術達成指標」と訳せるように思います。ただmaturityという部分をとれば熟成度のようにも訳せるように思います。

この分野でどのように訳されているまで分かりませんので、このあたりが限界です。

上のURLは

http://www.worldlingo.com/products_services/worldlingo_translato...

Free Online Translator

でWEB翻訳を通したものです。

http://www.excite.co.jp/world/english/web/body/?wb_url=http%3A%2...

body

こちらのURLはEXCITEのWEB翻訳を通したものです。

残念ながら引用されたURLに近い内容を日本語にしてあるサイトは見つけられませんでした。すみません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

単純に「technology readiness level」をgoogle検索にかけても日本語の説明は見つからなかったです・・・。


3 ● aki73ix
●25ポイント

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/gijiroku/00...

科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会 第6回航空科学技術委員会 議事概要

技術成熟度・レベル とここではいっていますね・・・そのままですが

http://www.lgarde.com/people/papers/2003-4659/

日本の資料ありますが、Web上では検索できません

【効果的な太陽帆船設計のTRL 6への引き上げ】という文書です

現在進められている具体的な惑星間任務の検討を通した太陽帆船技術の実現に向けた研究について報告した。

太陽帆船は太陽からの光子を巨大な帆で受けて、そのエネルギーを推力に変換するもので、非常に弱いエネルギーであるが燃料を必要とせず長期に渡って常時利用できる。

この技術をTechnology readiness level 6 まで引き上げようということである

具体的な任務として太陽-地球系のL1点内部で地球と同周期で太陽を周回し、観測する太陽観測任務を考えた

太陽光子による推力はその軌道保持に用いられる

帆は面積10000m^2・面積密度が14.1g/m^2・特性加速度のゲインは0.58m/s^2 という膨張展開型構造である

http://www.newswatch.co.jp/theme/QTRS/sampledata/JS0412.html

TRLと日本では呼んでるようですが

以下はこの資料の詳細です

最近NASAはユニークで広く宇宙飛行経験を積み重ねている一方で、予算削減という現実に直面している。そのため新しい技術の開発と最先端の航空宇宙技術の開発にもTRL(Technology Readiness Level)ギャップに深刻な影響と問題を生じている

TRLギャップは端的に表現すれば「新しい技術を短期間にいかに低コストで構想段階から現実の製品まで効率良く移行するかの問題」である。技術の成熟度の評価方法として産業界でよく使われている”S字型曲線”がある。これはX軸に技術開発に要する時間をとって技術の成熟度を企業価値で評価する。しかし技術開発に要する時間だけでは技術開発プロセスを適切に表現できない。ここで提案するTRL縮尺ではX軸に開発に要する時間、投資額をパラメータとした関数を用いる

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます。

同様の評価を日本の企業で行っている事例はあるのでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ