人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

厚生労働省の調査の結果、販売されている食肉の約80%に耐性菌が存在しているというデータがあると聞きました。自力ではどうしてもこのデータにたどりつけなかったのですが、どなたかご協力ください。

●質問者: yamasakura
●カテゴリ:グルメ・料理 医療・健康
✍キーワード:データ 厚生労働省 存在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● aki73ix
●40ポイント

http://www3.nhk.or.jp/news/2003/11/21/k20031120000171.html#

NHKオンライン

多分2003年11月20日のNHKのニュースですね・・・生憎削除されていますが

食肉用の牛や豚、鶏の79%が抗生物質が効かない耐性菌を持っていることがわかりました。

畜産の現場では治療や成長促進などに人間の2倍以上の抗生物質が使われており農林水産省

は家畜への使用を減らす対策を検討する方針です。

食肉(牛肉・豚肉・鳥肉)の79%が耐性菌を持っている。 03.11

・抗性物質耐性の大腸菌、腸炎ビブリオ、サルモネラ菌までが確認されている。

抗生物質の生産量

人の医薬品用 500トン

畜産用 900トン

魚養殖用 200トン

農作物用 100トン

http://news5.2ch.net/newsplus/kako/1069/10694/1069400268.html

もうずっと人大杉

http://foodsfood.at.infoseek.co.jp/news.html

食品ニュース

北里大学獣医家畜学部の調査では、鶏卵などから出たサルモネラ菌の6〜8割が、何らかの抗生物質が効かない耐性菌である

◎質問者からの返答

削除されたニュースソースを提供していただけるとは!この問題に興味をお持ちだったのでしょうか。耐性菌化したサルモネラ菌、以前から話題になっていたんですね。ありがとうございました。

できれば厚生労働省のデータにたどりつきたいので、もうしばらく続けさせてください。


2 ● reply
●30ポイント

http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/epid/2003/tbkj2406.html

東京都において分離された赤痢菌およびサルモネラの血清型と薬剤耐性について

都立衛生研究所のデータです。

食肉ではなく感染者からの分離株ですが。

http://www.tokyo-eiken.go.jp/

東京都健康安全研究センタートップページ

都立衛生研究所に、食肉の微生物についてくわしい先生がいらっしゃったはずですので、たどり着けなかった場合はこちらに問い合わせてみると良いでしょう。

◎質問者からの返答

問い合わせ先までお教え頂き、ありがとうございます。食肉ではないのが残念。


3 ● aki73ix
●30ポイント

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news_i/20031127so11.htm

関連ニュースを探してみたところもっと詳しいものがありました

抗性物質耐性の大腸菌、腸炎ビブリオ、サルモネラ菌までが確認されている。

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/05_byouki/taiseikin/taiseikin.pdf

抗生物質の残留量

http://www.maff.go.jp/syoku_anzen/20031110/gijigaiyo.htm

家畜に使用する抗菌性物質に関する意見交換会議事概要

ニュースの直前の意見交換

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/04_gakujyutu/taiseikin.pdf

NHKのニュースの元のリソースなのでもっと詳しい内容です

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/04_gakujyutu/Gakyujyutu-Index.html

獣医学会:関連学術集会案内

取り敢えず、上記は日本獣医学会のホームページの資料ですのでほかにも関連資料がいっぱいですね

◎質問者からの返答

さらに調べていただき、感謝です。そのうえポイントの心配までしていただいて…。どれもありがたい資料です。でも、厚生労働省の資料が見たいので(存在しないのでしょうか)もうしばし、よろしくお願いいたします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ