人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ドクターハラスメント(いわゆる“ドクハラ”)について。差し支えなければ、ご自身の実体験を具体的に教えてください!

※病院名などは結構ですが、受診科は必ず明記してください(また、裁判沙汰になるようなものではなく、日常的な範囲でお願いいたします)

●質問者: jane
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:ドクターハラスメント ドクハラ 受診 差し支え 日常
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 16/16件

▽最新の回答へ

1 ● yukitugu
●12ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

就職浪人をしていた頃、あまりにも無気力な日常を送る私に苛立った親が「鬱」かもしれないと思い、某国立大学病院の精神科に連れて行ったことがありました。カウンセリングを受けるぐらいのつもりで精神科というところに興味もあったので行ってみたのですが、診察室に学生が1ダースぐらいいて教材にされました。別に失礼なことを聞かれたり、されたわけではありませんが、当然2度と行きませんでした。あのような状態で診察料を取る神経は今でも理解不能です。別にボランティアとして行ったわけではないのですが。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

国立・大学病院など、大きくなればなるほど「物」扱いされることはあるようですね。体質の問題は、患者が丸椅子、医者が革張り肘付椅子というところでも象徴されているような。。。(呆)

========================

以降ご回答の皆さまへ(質問に追記)

実体験+どのように「対処」なさったかもお願いいたします。


2 ● mutualreception
●20ポイント

http://www.city.kawasaki.jp/

川崎市 市民の方へトップページ -Kawasaki City

数年前の事ですが、当時原因不明の体調不良で通院していた事があります。地元の内科の先生が一度大きな病院で検査を受けてみてといわれたので某大学の付属病院のへ行きました。何時間も待ってやっと通されたのが内科でした。そこの先生に事情を話すと「ここはあんたみたいな軽い患者が来る所じゃないんだよ」と怒り出し診察もロクにしないでトローチを処方されて終わりました。後日その近所の別の大学病院で検査をしたら自律神経失調症で過敏性大腸炎を併発でした。という経験があります。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます!

私も同じような経験がありますが、「診察をする気がないのなら始めから受け入れなければいいのに」と思いました。セカンド・オピニオンも大事ですよね。


3 ● kazooo3
●12ポイント

http://www004.upp.so-net.ne.jp/sgk110yd/doctor.html

404 Not Found

大学病院というものは、医療機関ではなく、教育機関の一部で患者は高度の医療を受けられる代償に「教材」にされるのは仕方が無い事だと思っています。それが嫌なら大学病院は避ければいいだけの話ですし、ポリクリや研修医はこれからの人材を考えると受け入れるべきかもしれませんが、研修医ならまだしもポリクリ学生の診察や治療への同席は患者の同意を取った上でやって欲しいと思いますよねぇ。精神科や産婦人科は研修医の同席すら抵抗が強いと思います。(いちいち同意を取っていたら研修が出来ないのかもしれませんね)

私は目の手術で巨大大学病院に入院した時、1日3回全く同じ診察をされましたよ。朝7時前に研修医が診させて欲しいとやってきて、朝食後主治医の診察があり、その後、曜日によっては助教授の診察があり。やる事は全部同じでした。目を診る為に強い光を浴びせるのでかなり苦痛でしたが朝7時前にやってくる研修医は何時に出勤してくるのかを考え、拝むように診察したがる様を見ていると、苦痛ではありましたが診させてあげました。(偉そうですね自分)

大学病院はそういうものなのだと一般市民に周知させることが大切なのではないかと思う一件でした。

◎質問者からの返答

ご意見はごもっともです。

でも・・・自分の意志に関係なく、ホームドクターから紹介された場合(より専門の機関での受診が必要と判断された)はどうすればいいのでしょう?


4 ● wbs
●20ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1087198973#

ドクターハラスメント(いわゆる“ドクハラ”)について。差し支えなければ、ご自身の実体験を具体的に教えてください! ※病院名などは結構ですが、受診科は必ず明記してく.. - 人力検索はてな

URLはダミーです。

昔、耳鼻科でいやな思いをしました。

そこでは、耳鳴りがするのを中耳炎だと言われ、毎週できれば週2回通いなさいと言われたのですが、

勤めていて、週一がやっと。時にはいけない週があり、先生に怒られるかなと思ったら、何もいわれませんでした。

ところが、2週間後に行った時、「来週はすみませんが、来られそうもありません」と先生に言うと、

「あなたがどうなろうと、ボクは知らない!」、「勝手にしなさい」と言い、そっぽを向かれました。

そこで、近くの総合病院に見てもらいにいったら、それは、中耳炎ではなく、鼻から耳に抜ける間が狭いので、空気の通りが悪いために起こる現象なので、気にしなくて、いいですと、レントゲンを見ながら言われ、聴力検査もしましたが、全く問題ありませんでした。

ちなみに、この総合病院の先生は、最初の耳鼻科の先生の息子でした。

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

URLはダミーです。

あまりにおなかが痛いので、婦人科にいったら、腫瘍ができていると言われましたが、そこの先生は、妊娠しているようなもんなので、腹部を圧迫しているのはしかたないねとあっさりいいました。

私は当時独身でした。

とてもいやな気分で帰ろうとしたら、そこの看護婦さんが追いかけてきて、

別の曜日に通えるなら、そっちの曜日の先生のほうが親身になって丁寧に診察してくれるからとアドバイスをしてくれました。

まったくその通りで、違う先生に診てもらったおかげで今は元気に暮らしています。

http://www.rakuten.co.jp/

【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ

URLはダミーです。

いつも通っている歯科医院に、ある日、若い先生がきていて、いろいろ診察するのですが、手が震えているので、看護婦さんにいつもの先生=院長先生にしてくださいと言いました。

すると、いつもの先生=院長先生が、ボクが信頼して来てもらっているというのですが、でも、どうしても怖くていやですと言ったら、しかたなく?院長先生が治療をしました。

しばらくしたら、その若い先生の姿はなく、それからはずっと院長先生一人です。

その後、同じ歯科医院に通う知人に聞いたところでは、若い先生が治療したところの詰め物がすぐとれ、おおごとになったそうです。

この場合は、ドクハラとはちょっと違いますが、いやな時は我慢しないほうがいいというお話です。

◎質問者からの返答

>とてもいやな気分で帰ろうとしたら、そこの看護婦さんが追いかけてきて、

別の曜日に通えるなら、そっちの曜日の先生のほうが親身になって丁寧に診察してくれるからとアドバイスをしてくれました。

びっくりですね、そこまでヒドイのが明らかなら院内でなにかたいおうができないのでしょうか。

いくつか例を挙げていただき、ありがとうございました!


5 ● mutualreception
●5ポイント

http://www.google.co.jp/

Google

1の回答者さんの実体験を見てもうひとつ思い出したので参考までに…

先程の治療とは別に精神的な負担がありPTSDではと云われていたので新宿にある某クリニックに行き、内容が話辛い内容だったので口篭もってたら「あんた何しにきたの?」など色々言われ結局何も言えず何もせず帰りました。気持ちを察する事が出来ないなんて何の為の精神科医なんでしょうか…

◎質問者からの返答

>気持ちを察する事が出来ないなんて何の為の精神科医なんでしょうか…

おっしゃる通りです。

気持ちもそうですが、最近“人の痛みのわからない”医者があまりに多いと感じます。


1-5件表示/16件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ