人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

難病患者や障害者が罪を犯した場合、服役期間や内容、賠償金などの懲罰は
健常者よりも減免されるのでしょうか?
できれば実際の判例をご紹介くださると、ありがたいです。

●質問者: kotori-rainbow
●カテゴリ:政治・社会 医療・健康
✍キーワード:判例 患者 障害者 難病
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kazooo3
●30ポイント

http://www.ns-kansai.org/nsk/ronso/hirano-3.htm

難病を抱えていても、身体障害を持っていても量刑は変わりません。ただ、一般の刑務所ではなく、医療刑務所という特別な刑務所への収容となります。

精神障害を持っている場合は責任能力が問われますが成人の場合、責任能力無しと精神科医が判定した場合は懲役とはなりません。が、懲役刑より長期間、精神病院の閉鎖病棟で自由を制限された生活を送る事になります。

◎質問者からの返答

わかりやすい回答、ありがとうございます。


2 ● mai-1997
●30ポイント

http://www.genjin.jp/keiji-bengo/keiji-index.html

現代人文社-季刊刑事弁護

こういう本があります。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/hikarigoke.htm

「ひかりごけ」事件

これは、人間の肉を食べて有罪になった

有名な話しですが

心神耗弱者として減刑になった判例です

◎質問者からの返答

ご紹介くださった本は質問とは直接関係ないようですが、とても興味深いです。ありがとうございます。


3 ● neoarcheologist
●30ポイント

http://www.mizushima-s.pos.to/lecture/2001/010627/010627_03.html

早稲田大学法学部水島ゼミ ホームページ

http://www.seirokyo.com/archive/news/backnumber/0106.html

精神医療ニュース>過去記事2001.6

精神障害者の場合、不起訴や無罪になったりすることがあります。上のページは実例がかなりありますよ。参考になるでしょうか?

◎質問者からの返答

やはり、身体障害だけでは健常者とかわらないようですね。


4 ● yasukana
●30ポイント

http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu04/0224ja24420.html

ミドリ十字の薬害エイズ問題では

被告人の体調を考慮して裁判自体が消滅してしまいました。

究極の判例ではないでしょうか。

◎質問者からの返答

なるほど。裁判中に病状が悪化した場合、裁判自体が終了してしまうことがあるのですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ