人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

生物学者リチャード・ドーキンス(Richard Dawkins)の
提唱する「meme」という概念が、
日本国内における「霊」という概念に極めて酷似していると思います。
但し「霊」の定義は、
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=霊&kind=jn&mode=0&base=1&row=2
に準拠します。
「meme」と「霊」はどのように違うのですか?
但し、「言葉」が違うというのはナシです。
http://www.hatena.ne.jp/1087432960
の質問の継続です。

●質問者: takasiym
●カテゴリ:コンピュータ 科学・統計資料
✍キーワード:base リチャード・ドーキンス 定義 提唱 日本国
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● ostraking
●50ポイント

http://www.natureinterface.com/j/ni04/P026-029/

[特集] 進化するコミュニケーションって、なに? -- 佐倉 統 -- 季刊 環境情報誌 ネイチャーインタフェイス

ミームは「個体間で伝達される情報の内でDNAおよびRNAに依存しないもの」です。

実例としては、サルのイモ洗い、味噌汁の味から科学哲学までなんでもありです。

これらは、その情報を受け取って認識するモノが居てはじめて存在するものです。

何者にも宿りません。

また、高度な学習能力と個体間情報伝達能力を持った生物でしか成立させられませんから、かなり複雑な神経系が必要になります。

よって、草や小川ではもてないものだと思われます。

◎質問者からの返答

何者にも宿らない、

と言う事は「meme」様は媒体がなくても存在できるモノなのですか?

情報は何らかかの媒体がないと存在し得ないと思うのですが。

屁理屈こねてすみません。


2 ● aki73ix
●50ポイント

http://tez.com/blog/archives/000054.html

isologue - by 磯崎哲也事務所

書いてる途中で締め切られてしまったので(^-^;

先ほどのリンク先にも書いてあるとおり、takasiymさんのおっしゃる万物に宿るという霊つまり「木霊」などとは大きく異なります。確かに「心」に宿るものですが、『脳』の活動によって発生した意識であって、それを説明するためのものとしてmemeが用いられているのであって、何か物質を媒介にして伝達するものではなく情報や、意思疎通、教育などによって伝わるものです

人間以外にも、ペットや、他の動物、本、ビデオなどを媒体にして、伝わることは在りますが、その定義の『霊』とは大きく異なることになります

つまり、『情報』を『霊』としていってるのですが社会的に影響を及ぼすもう少し大きな要素としてMEMEを定義しています

◎質問者からの返答

「言葉」という「音波」や「符号」を媒体にして伝達される情報を、

古来「言霊」と言っていませんでしたか?

「言霊」は、

「自ら増殖し、周囲に広がっていく」性質を十分持ち合わせていると思うのですが、

いかがでしょうか?

引き続き質問を続行します。


3 ● yasukana
●50ポイント

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=

国語辞典 英和辞典 和英辞典 - goo 辞書

霊&kind=jn&mode=0&base=1&row=2

八百万(やおよろず)の神が存在する日本の土着宗教では、万物には魂(たましい)が宿っており、

それゆえどんな物も因縁強く生き長らえば超自然現象を起こす事の出来る「妖怪」や「神」に進化すると考えられています。

この、万物に宿る魂は、持ち主の持つ魂と共鳴する事で、持ち主の魂に従った意思を持ったり、

または正反対の意思を持ったりすると考えられています。

以上書いた事はあくまでも、日本の文化的なことを書いたわけで、自然科学を学んだ人間として、「科学的だ」とは考えていません。

以下、meme君とのつながりを述べるわけですが、そこに問題が発生します。

meme君はあくまでも自然科学を対象とした「概念」です。

ですので、この両者をくっつける上で、接着剤として一つの「嘘」をつく必要があります。

つまり、「万物に魂が存在したり、持ち主と万物が共鳴しあう」ことが「事実」であると仮定することです。

その前提を置いた上で以下の文を読んで下さい。

万物に魂が存在する環境では万物がお互いに影響しあい、その「意思」を交換しています。

「ある芸術家」が使っていたノミは「ある芸術家」が強く持っていたインスピレーションを宿します。

「ある芸術家」は亡くなり、その作品も失われて久しくなった頃、そのノミは誰かの酔狂で鍛え直されて、偶然若い芸術家の手元にたどり着きます。

若い芸術家がそのノミを手にした時、「ある芸術家」のインスピレーションが強烈にその若い芸術家に伝わり、一晩で彼は作品を完成させます。

この時、memeは間違いなく魂を介在して受け渡されています。

まさに「魂はmemeである」と言えるわけです。

◎質問者からの返答

その通りです。

さらに言うなら、「逆もまた真なり」ですね。

「妖怪」や「カミ」はあくまでもたとえ話、言い伝えです。

その根本概念は、極めて単純明快、論理的だと思います。

# 「万物にやどり、また遊離しやすい存在」というやつですね。

したがって、

--------------------------------------

「霊」とは土着宗教の曖昧な根拠に基づく、

全く非科学的ないい加減な存在ではないか?

というyasukana様の懸念が払拭されれば、

--------------------------------------

「霊(魂)⊂meme」ではなく、「霊(魂)≡meme」になりませんか?


4 ● stealthinu
●50ポイント

http://www.geocities.co.jp/HeartLand/2989/meme1.html

ミームとは

ミームとは情報が複製されるときの最小単位、ということです。

霊の定義として出されている「霊魂。万物にやどり、また遊離しやすい存在」には「情報が複製される」という部分が大きく違うと思います。

◎質問者からの返答

うわー、しまった。

さっきの括り方間違えました。

正確には、

--------------------------------------

「霊」とは土着宗教の曖昧な根拠に基づく、

全く非科学的ないい加減な存在ではないか?

--------------------------------------

というyasukana様の懸念が払拭されれば、

「霊(魂)⊂meme」ではなく、「霊(魂)≡meme」になりませんか?

です。。。

さて、stealthinu様へのコメントですが、

「情報が複製されない」とは一言も書いてないです、

というのはありですか(汗。

またしても屁理屈こねてしまいました。。。

では、次の回答を開きます。


5 ● aki73ix
●50ポイント

http://www100.sakura.ne.jp/~dawnraven/owl/pic/awa_settei.html

「あわのうた(仮題)」

言葉に宿る力とか、音韻を媒体にするものを確かに『言霊』と言います

しかし、100年使った家具は力を持ち霊が宿るとか、特定の『言葉』によって力を持つ『言霊』とmemeとはちょっと違います。

『言霊』はそのものに宿る力、霊であって、増殖して広まっていくものでは在りません。むしろ、一度力を持っても、周囲に忘れられると廃れていったりします(どっちかというともののけ姫の世界ですが)

確かに、共通点を探せば無くも無いですが、色々な説明を読む限り本質は限りなく異なるものだと認めざるえません

いかがでしょうか?

◎質問者からの返答

人の噂も「75日」だから、

「meme」の方が強力だというという事ですか。

でも「meme」だって、

「すぐれたmeme」は広がるけど、

「おとったmeme」は広がらないですよね?

同様に「おとった言葉」は忘れ去られ、

「優れた言葉」は多くの人々に影響を及ぼし、

語り継がれると思います。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ