人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

http://www.hatena.ne.jp/1087451193を踏まえての質問です。
自己複製子「gene」は、
DNAの中にある事が実験により確かめられています。
自己複製子「meme」は、
脳の神経回路の中にある事が実験により確かめられていますでしょうか?

●質問者: takasiym
●カテゴリ:コンピュータ 科学・統計資料
✍キーワード:DNA かめ 実験 自己
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● zeroset
●20ポイント

http://www.geocities.co.jp/HeartLand/2989/meme.html

心を操るウイルス

ミームとは文化の伝達や複製の基本単位として考えられた観念的なものなので「実体」があるわけではありません。こういう概念で文化的な事象を扱うと面白いよ、とリチャード・ドーキンスが提案したものです。

ミームは物質を媒介にして伝播していきますが、媒介物にしても、脳の神経回路に限ったものでは無いのです。たとえば、千年前に書かれた書物には、千年前の著者のミームが眠っている訳です(そして、ミームはその本を読んだ人間の心に複製をつくります)。絵画や彫刻などについても同じ事が言えます。

◎質問者からの返答

「meme」が寝てたのですか(笑。

書物、絵画、彫刻等、脳以外のモノを媒介物にすると、

「霊」とか「魂」とかと変わらなくなってしまいませんか?

しかも、「観念的なもの」となるとますます妖しげなものになってしまいます。

実体がなくてもいいです。

しかし、「gene」がDNAにスタティックに記述されているように、

「meme」も神経回路にスタティックに記述されていないと、

自己複製子としての最低基準をクリアできないと思います。

つまりアプリケーションを作るためには、

ソースコードが絶対に必要で、

ソースコードを保存しておく場所も絶対に必要だ、

ということです。

引き続き回答をお待ちしております。


2 ● lobelia
●20ポイント

http://epp.eps.nagoya-u.ac.jp/~yoshida/japanese/articles/DEEP-ta...

Earth's History Talk

http://kohiyama.wem.sfc.keio.ac.jp/system/multimedia/2-2.html

> 利己的遺伝子で有名なリチャード・ドーキンスは、

> 「ミーム」という自己複製子を発明する。 利己的遺伝子の主張は、「あらゆる

> 種は、その遺伝子たちの定める枠に閉じこめられ、それらの遺伝子たちが生き残

> る確率を最大限にするような仕方で成長し行動することを強いられる。[2-22]」

> ということである。これと同じように、文化も仮想的な自己複製子である「ミー

> ム」により支配されるというのである[2-23]。確かに、そういわれると、生物

> の遺伝的進化と、人類の文化の進化のアナロジーを議論するには、うってつけの

> 概念ではないか。「獲得形質の遺伝」というと、なにか良いことばかりのような

> 印象があるが、文化という枠の中で歴史を刻んできた人類は、目に見えぬ なに

> かに支配されているという見方もできる。その主が「ミーム」なのである

>遺伝子という言葉の gene と模倣ということばの mimere との合成語です。

>ミーム(meme)とは、人間の社会生活に有用で、

>遺伝子では伝えられない情報を伝える架空の文化的遺伝子のこと

結論から言うと,確かめられてはいません.

しかし,

質問者のコメントにあるように,memeの媒介体,そしてその実体は

>書物、絵画、彫刻等、脳

で,間違いないと思います.

生物の遺伝的進化を左右する物,そして伝えられる物が遺伝子geneです

人類の文化の進化を左右する物,そして伝えられる物がmemeです.

memeは文化そのものでもありますし,同時に人類の文化の進化を

導く原動力でもあります.

また,memeの定義が非常に曖昧でありますが,単純に文化ととってもらうと

わかりやすいでしょうか?

で,逆にmemeが

>書物、絵画、彫刻等、脳

にはなく,「大いなる意志」「神の意志」または「霊」のように

それ以外にあるという証明は全くありません.

遺伝子(DNA)によらずに,親が獲得した形質が

子供に遺伝した,とされる実験報告がありますが,

非常に眉唾な実験であります.

あと,101匹目のサルの話はお話としては面白いですが,

実験的な証拠だとされると,困ってしまいます.

下記リンク参照.

http://www5d.biglobe.ne.jp/~philter/100saru.htm

http://www.geocities.jp/wakashimu/yota/saru.html

百匹目の猿

◎質問者からの返答

> ある文化を持つ個体の数が一定数(臨界点・ここでは100匹。

> 現在の幸島のサル人口は90数匹から110匹程度)を超えると、

> その文化は繋がりのない遠くの地でも自然発生する

これは人間でもあり得ないでしょう。

「テレパシー」じゃあるまいし。

つまり、人間が残した情報のみが「meme」である、

ということで宜しいでしょうか?

彗星に残された太陽系発祥の「痕跡」などは、

「meme」ではないのですね。

ありがとうございます。


3 ● zeroset
●20ポイント

http://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/b/ep_meme.html

ミーム 情報とニュース:進化研究と社会

「観念的」といっても全然怪しいものじゃありませよ(笑)。

質問者さんが挙げられたソースコードを例にとります。ソースコードはメモリ上にあろうが、ディスク上にあろうが、あるいは紙に0101・・・と書き写してあろうが、ソースコードなのです。メモリや紙を媒体にして存在してますが、メモリをいくら分解して調べても「ソースコードの実体」なんてものは出てきませんよね(笑)

ミームもそれと同じで、別にその存在場所は、神経回路に限定されたものじゃないんです。神経回路を実験的に調べたところで確かめられるものじゃありません。情報の基本単位「ビット」に実体が無いように。100ビットの情報はメモリ上にあろうが紙に筆で書いてあろうが、等しく「100ビットの情報」です。

たとえば、紙に「便所は清潔に」と書けば、これはこれで立派なミームなんです。後でこれを読んだ人の脳内に「便所は清潔に使おう」という「概念の複製」が出来るわけですから。

基本的には、リンク先にあるように、ミームとはあくまでアナロジーにすぎず、なにか実体のあるものじゃない、ということは覚えておかれると良いと思います。

◎質問者からの返答

> 観念的」といっても全然怪しいものじゃありませよ(笑)。

ゴメン、言い過ぎました。

保管場所についてですが、

ここで突っ込んだ意見を述べさせていただきます。

自己複製子とは、自分の複製を作る役割と、

自分を運ぶものを作る役割と二つあると思います。

したがって、「gene」の適切な保管場所とは、

「読込→解析→実行→蛋白質生成」が可能な場所

であると思います。

同様に「meme」にも、

「読込→解析→実行→言語野への命令文(化学物質)送信」

が可能な適切な保管場所があると思います。

私が言いたいのは、

自己複製子「meme」の存在を自然科学的に証明するためには、

「適切な保管場所」を実験的に確かめなければならない、ということです。

そういった実験は過去に行われていますでしょうか?

質問を続行します。

============================================

質問を続行しますが、

回答権がなくなられた方のご意見もお聞きしたいので、

もう一度質問を立て直します。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ