人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

同じ犬種でも、
耳がピーンと立っているのと、
根元から垂れているのと、
途中から垂れているのがいます。
どうしてこのような違いが出てくるのでしょう?
ちなみに、
自分が飼っている犬は耳がピーンと立っていて、
耳の総面積は顔の3倍以上になります。
あの耳のでかさはかなり異常です。

●質問者: takasiym
●カテゴリ:趣味・スポーツ 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● blueskyM
●20ポイント

http://www.townnews.co.jp/060pc_special/pet/wanwan/03_15wan.html...

耳…耳を立て前方を向いているとき、それは自信と挑戦を意味しています。これが、頭を下げ、耳を後へ折り曲げていくと、攻撃態勢に入っていることを示しています。もちろん、犬種により、立ち耳だったり、垂れ耳だったりしているものもあり、「うちの犬はいつも耳が立っているから挑戦ばかりしているの?」などと思わないでください。どの犬種でも、その状態が違っているのです。一方、耳をだらんと垂らしているときは、相手に対して服従してリラックスしていることを示しています。

◎質問者からの返答

ゴメンなさい、

前方向に倒れてる犬と、

ピーンと立っている犬がどう違うかという質問です。

うちの「ぴん」もリラックスしてる時とかかまって欲しい時には、

耳を後ろ方向に倒します。


2 ● ahyahyahyahya
●20ポイント

http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Pochi/5250/

「ポン!ごはんよ〜 !」ESSと断尾断耳廃止推進HP

断耳断尾といって、見た目をよくするために犬の耳や尻尾を切るそうです。

ペットショップで売ってるものは、既に切られているものが多いです。

◎質問者からの返答

うちのは断尾してますが、

耳は恐竜並に巨大だから切ってないと思います。

にもかかわらずピーンと立っています。


3 ● torimori
●20ポイント

http://www.geocities.jp/dogworld07/ktokucyouseikaku.htm

うちにも耳の大きい犬種(パピヨン)がいます。

基本敵には、特徴を持った犬同士を掛け合わせていきますので、隔世遺伝等で『同じ親から違うタイプの子犬が産まれる事もあります』ということではないでしょうか。まあ、人間の耳たぶの大きさが人それぞれなのと同じ程度の話では?

◎質問者からの返答

つまり、「垂れ耳」と「立ち耳」の遺伝形質があるということでしょうか?


4 ● wbs
●20ポイント

http://www.dogoo.com/toukou/dogqa/health/mimi8.htm

耳を立たせる方法::犬の悩み解決 dog Q&A集 〜質問と回答集〜

ここのサイトで、いろいろ相談されていますが、

・ 耳が立ちません・ 耳を立たせる方法・ テーピングで耳を立たせる・ 耳が垂れる

といった質問があります。

耳が立たない理由は、耳の軟骨が柔らかすぎる,大きさが大きい、重い、・・・ということらしいですね。

不確かですみません。

◎質問者からの返答

飼い主も耳が立たないので悩んでいるんですか(笑。

やっぱり耳が立っている方がイケメンなのですね。


5 ● TrueLove
●20ポイント

http://www.union-net.or.jp/cu-cap/pet1130.htm

【ペット】

URLは特にこのページでなければというほどの意味はなく

なんかいい感じの文章だったので・・・・というだけですw

ただここでご紹介したかったポイントは、

たいていの耳垂れわんこは、成長するにしたがって耳が垂れてくる、

ということです。

つまり、耳が垂れるか垂れないかは

主に犬種による耳翼の特徴に左右されるものの、

成長過程など後天的な要素も若干絡んでくる可能性があるわけです。

また、今のわんこのご先祖様の中心は

寒冷な地域に住んでいたオオカミさんの仲間ですから、

耳翼の目的は集音機が主で、

放熱器としての耳翼は必要なかったと考えられます。

それが人間と共に暮らすようになって多様な地域に広がり

猟や作業など様々な目的に適した品種の作出と繰り返された結果

お耳の大きな犬種が出てきたわけですから、

犬種によっては耳翼の構造が遺伝的に完全に固定されていなくて、

親の形質によって垂れやすかったりピンとしてたりが色々出たりする、

というのもあるかと思います。

http://stepup-school.net/step/halo/

ステップアップ・スクール・サイト

犬の仲間のキツネやハイエナなどにもお耳の大きな種類がありますけど、

まず例外なく耳ピン型ですね。

◎質問者からの返答

なるほど、人間と共に暮らすようになってから、

垂れ耳の犬が出てきたという説ですね。

ありがとうございます。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ