人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「下床との癒着のある腫瘤」という表現を見て意味の分かる方のみ、お知恵をお貸しください。この場合の「下床」とは、何でしょうか?この背景としては「下腹部の皮下硬結が次第に腫瘤となった」という以外の情報がありませんが、この表現のみを英語にしなければなりません。この場合の「下床」について、英語表現でも日本語での説明でもかまいません。URLはあってもなくてもいいです。よろしくお願いいたします。

●質問者: teatrom
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:URL 日本語 癒着 英語 表現
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 奈緒
●10ポイント

http://www.google.co.jp/search?q=cache:92VfOma_3P0J:www.shujunsh...

http://www.shujunsha.co.jp/journal/vid/v2004_06/v2004_06.pdf

ここの「皮膚の下床,つまり骨とか歯とか内臓の病変が皮膚に波及してくる場合だってあるでしょ」の表現が参考になるのではないでしょうか?


2 ● hrks
●20ポイント

http://www.shujunsha.co.jp/journal/vid/v2002_09/v2002_09.pdf

少し長い引用で恐縮です。

「皮膚と腫瘍の間の距離・腫瘍の局在位置に相関するのは,被覆皮膚と腫瘍との可動性です.炎症や線維化がないと仮定して,浅在性であれば可動性は少なく,深在性になるほど

可動性は増してきます.ただし,“下床

との可動性”は皮膚腫瘍の場合はあてになりません.皮膚の下には脂肪,筋膜,筋肉,骨膜があるわけですから,それらの組織の上に腫瘍が乗っかっていれば,さらにその下の組織との間で可動性は保たれます.可動性が不良となるのは,骨にまで浸潤・癒着した深部浸潤性の悪性腫瘍に限ったことです」

http://www5a.biglobe.ne.jp/~oskhifu/sigaisengan.htm

悪性黒色腫の項「腫瘍辺縁より2〜5cm離して広範囲切除し、下床は筋膜まで切除します。」とあります。

つまり「下床」は特定の組織・器官ではなく、相対的に下部・深部にある組織をいいます。(あまり役に立ってないですね。すいません)

◎質問者からの返答

いえいえ、参考になります。ありがとうございます。

(ところで、初めて利用しますので、一番目の方にコメントを付け忘れました。後で付けられないシステムでしたら、すみません。一番目の方もありがとうございます。)


3 ● kyamada
●40ポイント

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi

PubMed Home

この場合「下床」にはベースになる組織という程度の意味しかないと思われますのでadhesive to surrounding tissueなどの表現でも良いかと思いますが、英語論文では客観的な表現を要求されることが多いので解剖学的にabdominal wallやrectus abdominis(あくまで例ですが…)などとした方が評価は高いかと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!!求めていた、どんぴしゃりの回答です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ