人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

本屋が舞台になっていて、おもしろい小説があったら紹介してください。『天国の本屋』シリーズ、古書店の話は除いて。エッセイじゃなく、あくまで小説でお願いします!

●質問者: shingo1970
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:エッセイ シリーズ 古書店 天国の本屋 小説
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 17/17件

▽最新の回答へ

1 ● rimo
●12ポイント

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/11/6/1109810.html

はてしない物語

有名どころですが、これなどいかがでしょう。

ファンタジーな世界です。

◎質問者からの返答

うーんもうちょっと現実的なほうが……。でも、ありがとうございます。


2 ● aki73ix
●12ポイント

Amazon.co.jp: 梶井基次郎全集 全1巻 (ちくま文庫): 梶井 基次郎: 本

梶井基次郎全集 全1巻 (ちくま文庫)

梶井基次郎全集 全1巻 (ちくま文庫)

  • 作者: 梶井 基次郎
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • メディア: 文庫

南青山少女ブックセンター〈1〉 (MF文庫J)

南青山少女ブックセンター〈1〉 (MF文庫J)

  • 作者: 桑島 由一
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • メディア: 文庫

R.O.D―READ OR DIE YOMIKO READMAN“THE PAPER” (集英社スーパーダッシュ文庫)

R.O.D―READ OR DIE YOMIKO READMAN“THE PAPER” (集英社スーパーダッシュ文庫)

  • 作者: 倉田 英之 スタジオオルフェ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 文庫

有名ですが、『檸檬』を[憂鬱を抱える青年は果物屋の檸檬(レモン)の美しさに魅惑され、黄金色に輝く「爆弾」を本屋に仕掛ける]

http://d.hatena.ne.jp/asin/4840111049

南青山少女ブックセンター〈1〉 (MF文庫J) - はてなキーワード

ちょっと微妙ですが・・・(^-^;

ちょっとマニアックですが面白いですよ

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4086300028/hatena-q-22

Amazon.co.jp: R.O.D―READ OR DIE YOMIKO READMAN“THE PAPER” (集英社スーパーダッシュ文庫): 倉田 英之, スタジオオルフェ: 本

Amazon.co.jp: ノッティングヒルの恋人 (竹書房文庫): リチャード カーティス, Richard Curtis, 小島 由記子: 本

映画にもなった作品「ノッティングヒルの恋人」

ISBN: 4812405335


3 ● YOU3554
●12ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101050104/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 永すぎた春 (新潮文庫): 三島 由紀夫: 本

永すぎた春 (新潮文庫)

永すぎた春 (新潮文庫)

  • 作者: 三島 由紀夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

仮面の告白 三島 由紀夫 (著)

売れることも目論んで書いた大衆小説(恋愛小説)です。

主人公の女性(木田百子 ももこ)の実家の職業が、

本郷の本屋。

詳しくはカスタマーレビューでも読んで下さい、

◎質問者からの返答

ありがとうございます。読んでみます。


4 ● jane
●12ポイント

http://britannia.cool.ne.jp/cinema/title/nottinghill.htm#links

「ノッティングヒルの恋人」ヒュー・グラント主演

映画化もされたので、有名どころではありますが・・・原題;Notting Hill(邦題:ノッティングヒルの恋人)です! 王子様を待つ女性ならよくありがちですが、これはまさにその反対バージョン。たのしいストーリーでした!


5 ● yamakiyo1965
●12ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4151704019/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 死の蔵書 (ハヤカワ・ミステリ文庫): ジョン ダニング, John Danning, 宮脇 孝雄: 本

死の蔵書 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

死の蔵書 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 作者: ジョン ダニング
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

「死の蔵書」稀少本収集家を題材にした小説です。私自身それほど稀少本収集に興味があるわけではなかったのですが、この本を読み、裏通りにある古い本屋に入ってみたくなるような気がしました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ジョン・ダニングはたしかにおもしろいですね。もうちょっと現代に近くて、ごくふつうの本屋が語られている話を探してます。


1-5件表示/17件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ