人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

フォニックス(phonics=つづり字と発音との関係を重視した教授法)の最近の研究に関する文献・ページ等があれば教えてください。以前質問した歴史や変遷よりも、現在の研究の状況が知りたいです。お願いします。

●質問者: ahiruzuki
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:phonics フォニックス 教授 歴史 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● mutep
●15ポイント

http://www.arts.gla.ac.uk/IPA/ipa.html

IPA: Homepage

International Phonetic Association(国際音声学協会)のページ。

http://www.psj.gr.jp/index.html

日本音声学会

日本音声学会のページ。

◎質問者からの返答

なるほど。ありがとうございます。


2 ● michealh
●35ポイント

http://www.sondaysystem.com/pages/products/msphonics.htm

Page Not Found

この URL は語学教材会社の製品説明の頁ですが、multisensory phonics のわかりやすい説明になっています。

フォニックスの現代における研究は多岐にわたっていますので、ここでは一つの注目すべき分野、multisensory phonics (多感覚応用フォニックス)関連の文献にしぼって紹介します。これは簡単に言うと、五感を総動員して、綴り字と音との対応の記憶を助けようという教授法です。phonological awareness (音に対する意識)の弱い学習者の場合、字と音との対応の理屈はわかっても中々覚えられないことがあります。それをたとえば指をつかって、各指に各音を対応させ、音の連ね方と指の折り方とを連関させることで、いわば体で覚えさせるものです。音を実際に連ねることに困難がある学習者の場合には効果があると言われています。

以下に挙げるのは、いずれもここ15年以内の米国の博士論文です。博士論文は未製本のタイプなら一点五千円以内で手に入ります。雄松堂書店などで製本を依頼すると一万円ちょっとかかります。

The effect of direct instruction in phonemic awareness, multisensory phonics, and fluency on the basic reading skills of low-ability seventh grade students. Mohler, Geraldine Marshall, EdD. THE UNIVERSITY OF NEBRASKA - LINCOLN, 2002. 207 pp. Advisor: Bryant, Miles

The impact of multisensory instruction on early phonics learning. Burgess, Laura Lea, MS. TEXAS A&M UNIVERSITY - KINGSVILLE, 2002. 72 pp. Advisor: Blaesing, Karen S. (この論文は入手困難かもしれません)

おまけとして、フォニックス教授法の特色を他の教授法と比較した博士論文を挙げておきます。

A comparison of three approaches to literacy acquisition: Traditional phonics, whole language, and spelling before reading. Sporleder, Roxanne Lee, EdD. MONTANA STATE UNIVERSITY, 1998. 149 pp.

A COMPARISON OF WHOLE-LANGUAGE READING INSTRUCTION, TRADITIONAL PHONICS-BASED READING INSTRUCTION, AND COMBINATION INSTRUCTION ON READING ACHIEVEMENT SCORES OF FIFTH GRADE STUDENTS. BURTON, MARGARET RACHEL, MS. CENTRAL MISSOURI STATE UNIVERSITY, 1995. 58 pp.

WISCONSIN TEACHERS’ BELIEF SYSTEMS. A COMPARATIVE ANALYSIS OF RELATIONSHIPS BETWEEN THREE THEORETICAL MODELS OF READING AND THEIR ALIGNED INSTRUCTIONAL PRACTICES: A SURVEY (WHOLE LANGUAGE, PHONICS). GAUTHIER, JUDITH DIANNE, PHD. THE UNIVERSITY OF WISCONSIN - MADISON, 1994. 137 pp. Advisor: DULIN, KENNETH L.

COMPARISON OF COMBINED PHONICS AND CODING TRAINING WITH COMBINED SIGHT WORDS, PHONICS, AND WORD FAMILY TRAINING ON READING AND SPELLING GROWTH OF READING DISABLED CHILDREN. HART, TERESA MARIE, PHD. UNIVERSITY OF WASHINGTON, 1993. 132 pp. Advisor: BERNINGER, VIRGINIA W.

THE RELATIVE EFFECTIVENESS OF A MEANING EMPHASIS APPROACH AND A PHONICS EMPHASIS APPROACH TO TEACHING BEGINNING READING IN ENGLISH TO SECOND- OR THIRD-GRADE BILINGUAL SPANISH READERS (SECOND-GRADE). FULLER, LAURICE MARION, EDD. BOSTON UNIVERSITY, 1989. 306 pp. Advisor: BRISK, MARIA ESTELA

http://orton-gillingham.com/orton-gillingham4.asp

Current Issues on Reading

これは、現在、リーディングの教育において問題になっている三点をコンパクトにまとめた頁です。この頁は実は最初に紹介した multisensory phonics を教える教育機関の頁です。第一点は日本の学習者にはあまり関係ないかもしれませんが、第二、第三の点は参考になると思います。

◎質問者からの返答

すばらしい情報をありがとうございました。非常に助かります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ