人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

テニスコートの整備について質問です。仲間とクレーコートでテニスをしています。ラインは幅5センチくらいのラインテープを使っています。何年か前に、どこかのインターハイの光景で、木製のトンボを使ってコート整備をしている様子を見かけました。そこで疑問に思うのですが、トンボは盛り上がった砂(土)を削るために使うと思うのですが、ラインテープのところはどのように整備しているのでしょうか。ラインテープのところは削るわけにいきませんよね…?トンボを使って整備したことがある(あった)ひと、トンボを使った正しい整備の仕方を教えてください。

●質問者: bluescript
●カテゴリ:趣味・スポーツ
✍キーワード:インターハイ クレーコート コート センチ テニス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● k318
●20ポイント

http://park15.wakwak.com/~soft-tennis/sp926/sp9263.htm

ラインの種類は、消石灰、紙テープ・ビニールテープなどです。

コートの不陸整正時に、テープ張替えをおこなっているようです。

http://homepage1.nifty.com/tateyan/mame_jiten/court_ball.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。「トンボ」を使って整備をするための具体的な方法を知りたいです。引き続きよろしくお願いします。


2 ● weltall
●20ポイント

http://www.google.co.jp/

Google

URLはダミーです。

ラインテープのところも一緒に整地して

ラインテープの上に乗ってしまった土を箒で掃いていました。

テープの上を掃くときは心なしそっと掃いていたくらいです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。weltallさんは、普通にブラシがけして、そのあとラインの上をほうきで掃いていたんですよね。私もそうやっているのですが、長く使用していると、コートがでこぼこしてきますよね。特にラインの周辺がひどくなってきます。必然的に、日常の「ブラシ」ではなくて、土を削るための「トンボ」を使うことになるかと思うのですが、その際にラインテープ(交換時以外にははがせない)が邪魔になりますよね?その辺のことをふまえて、「トンボ」を使って整備をする方法を教えてほしいのです。インターハイ(だったと思う)の整備で「トンボ」を使っていたはずなので、それなりに正しいコート整備の方法だと思うのですが、メジャーな方法ではないと思います。私もコート整備に「トンボ」を使った経験がなく、そんなことではてなに質問した次第です。よろしくお願いします。


3 ● aki73ix
●20ポイント

http://www.town.konko.okayama.jp/HTML/reiki_int/honbun/m23202960...

URLは参考

学校でテニスクラブに入っていましたがトンボをラインにかけても問題はないですよ。トンボをかけたからと言って切れるほどやわなものではなくて硬質プラスチックがくぎで止めてあります(今は違うのかな?)

ただ、かけにくいのでラインに沿ってトンボをかけることはありましたが、トンボをかけた後、専用のほうきのようなもので、ラインにかかったすなを綺麗に掃くのが慣習でした

◎質問者からの返答

ありがとうございます。aki73ixさん、できればもう一度回答していただきたいのですが…(もちろんポイントもつけます。)。トンボはラインに沿ってかけるのですね?それで、そのトンボは木製ですか?金属製ですか?覚えている限りでけっこうですので教えてください。それから、トンボを使用していたとのことですが、コートはそれでキレイに整備できましたか?やはり何ヶ月かするとでこぼこになったりしましたか?それから、世間一般的にコート整備として行われているブラシがけやローラー引きも行っていたのでしょうか?行っていたとしたら、どのくらいの頻度で行っていたのでしょうか。そのへんをふまえて回答していただけるととても嬉しいです。よろしくおねがいします。


4 ● aki73ix
●20ポイント

http://www.sci.himeji-tech.ac.jp/scijimu/scigakumu/shisetsu.htm

えっと二回目です。

>トンボはラインに沿ってかけるのですね?

コート内とサイドは縦に、サーブエリアは横にかけました

>それで、そのトンボは木製ですか?金属製ですか?

すみません、トンボ=木製のブラシのついたトンボです

>それから、トンボを使用していたとのことですが、コートはそれでキレイに整備できましたか?

>やはり何ヶ月かするとでこぼこになったりしましたか?

綺麗になりました。

でもやはり、でこぼこになってくるので、必ず月に一度、男子がローラーをかけることになっていました。

ちょっとうる覚えですが、軽く水を蒔くこともあった気がします

>それから、世間一般的にコート整備として行われているブラシがけやローラー引きも行っていたのでしょうか?

えっと、木製のブラシのことをトンボと読んでいました

えっと厳密にいうと、グラウンドは金属製のトンボ、テニスコートは木製のブラシつきの奴でした。

金属製のトンボはスパイクなどで穴があいた場合にでこぼこを削るためのものなので、テニスコートで使うのはちょっとへんですね(^-^;

テニスシューズはご存知だと思いますが、軽量の裏のスムースな靴なので、それほどコートがえぐれたりすることはないですよね。

あと、金属製のトンボをかけるときは、グランドに土を足したりしますそのままかけていると、どんどん土が削れて大変なことになると思いますが(^-^;

でも、インターハイで使ってる正式なコートならば、わざと土を削って、常に新しい土を入れていると言う可能性はありますね。

どちらにしても、整備に手間はかかりますから。

ちなみに、私の地元では県大会などでも、木製のブラシつきのトンボで整備していて、金属製のトンボを使っているのは一度も見たことがありませんでしたよ。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。お手数をおかけします。えっと、私のところでは、ブラシのついてるやつは「ブラシ」、ブラシのついてないやつを、木製でも金属製でも「トンボ」と呼んでいます。全国一般にそうだと思っていたので、回答者の皆さんに誤解を与えていたかもしれません。申し訳ありませんでした。あらためて、「ブラシのついていないトンボ」の使用について、回答をお願いします。

私も、ブラシのついていないトンボをテニスコートで使用するのは一見おかしいような気がするのですが、ブラシでの整備は、ブラシがライン上を通過する際に、ラインの下に砂が入り込んできて、かえってコートが部分的に盛り上がって来てしまいます。そのため定期的にブラシ無しのトンボでコートの盛り上がった部分を削る必要があると感じています。そのへんご存じな方がいらっしゃいましたら回答をお願いします。


5 ● Sasama
●20ポイント

http://www.st-wako.com/iji.htm

スポーツテクノ和広

基本的にはトンボの扱いではラインの周辺も

他のところと同様に均して良いようです。

私もそうしてました。

いずれにせよ、トンボのみの整地では限界があるようで、

テープ周辺が荒れて、修復できないのであれば、

テープ張替えに併せて整地しなおすのがベター。

また、あまりにコートの状態が酷くなった場合には、

土も入れ替えて、コートそのものを作りなおしたほうがいいかもしれません。

とのことです。

◎質問者からの返答

トンボを使って行う場合の具体的な方法のようなものは、特にないのでしょうか。野球部員が野球場をならすようなかんじにしてしまってもいいのでしょうか。それから、ブラシをつかって整備する方法と、効果の違いはあるのでしょうか?そのへんまだ疑問が残ります。もう少しみなさんよろしくお願いします。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ