人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

村上春樹の『1973年のピンボール』以外で、双子ちゃんが出てくる小説を教えてください。

●質問者: shelflife
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:1973年のピンボール 双子 小説 村上春樹
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/5件

▽最新の回答へ

1 ● midori3mitz3
●24ポイント

魔性の馬 (クラシック・クライム・コレクション)

魔性の馬 (クラシック・クライム・コレクション)

  • 作者: ジョセフィン テイ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: 単行本

双生児 (角川ホラー文庫)

双生児 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 江戸川 乱歩
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫

「ちゃん」づけがふさわしいかどうかは判りませんが、双子と云われて思いついた作品です。

◎質問者からの返答

うーん、かわいい双子ちゃんがよかったのですが……ありがとうございます。


2 ● tokusa
●23ポイント

http://www5c.biglobe.ne.jp/~miso/japan/haruki2.htm

パン屋再襲撃 (文春文庫)

パン屋再襲撃 (文春文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 文庫

パン屋再襲撃

パン屋再襲撃

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 文芸春秋
  • メディア: 単行本

「パン屋再襲撃」に収録されている「双子と沈んだ大陸」というお話にピンボールの双子ちゃんが出てきているそうです。

◎質問者からの返答

あ、これは知ってますね。それも『ピンボール』の双子ちゃんと同じですよね。


3 ● nonnaarudente
●23ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488104118/hatena-q-22

Amazon.co.jp: シャム双子の謎 (創元推理文庫 104-11): エラリー・クイーン, 井上 勇: 本

マジックミラー (講談社文庫)

マジックミラー (講談社文庫)

  • 作者: 有栖川 有栖
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

推理小説には怪しい双子がよくでてきます。

◎質問者からの返答

そうなんですか?推理小説、あんまり読まないから知らなかったです。ポイントなくなってきたので、今回は終了します。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ