人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

乾くるみ著『イニシエーション・ラブ』という小説を読まれたことのある方に質問します。
ネタバレを含む質問なのでこれから読もうと思っている方はお気をつけください。
私は、この小説を、とある書評の「ごく普通のラブストーリーがラスト二行で突然ミステリーになる」という文章で知り読んでみました。本の帯には、「目次から仕掛けられた大胆な罠、全編にわたる絶妙な複線そして最後に明かされる真相― 80’sのほろ苦くくすぐったい恋愛ドラマはそこですべてがくつがえり、2度目にはまったく違った物語がみえてくる」とあります。
最後まで読んだところで、“!?”という感じはあり、伏線だと思われる部分もなんとなくわかったのですが、まったく違っているというもう一つの物語は今ひとつはっきりしません。
もやもやとした気分なので、どうしても真相を理解したいと思います。
この小説の、まったく違った物語や真相について理解している方、私にもわかるように解説していただけないでしょうか?

●質問者: haruka00
●カテゴリ:趣味・スポーツ 生活
✍キーワード:0’s きりしま とある ひとつ もやもや
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 情トラ
●50ポイント

http://homepage3.nifty.com/toru_hikawa/zatsubun/2004/04.htm

zatsubun_2004.04

乾くるみ氏と同じように

メフィスト賞作家である氷川透氏が、

雑文において解説をされています。

未読のかたは絶対に反転されませんよーに。

◎質問者からの返答

joho_triangleさん、ありがとうございました!

もしかして……?というぼんやりとした想像がビンゴだったとはっきりしてとってもスッキリしました。^^これで今夜は気持ち良く眠れそうです。^^

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ