人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

プールに入れる「塩素」はなぜ入れるのでしょうか?

>消毒の為です。
という答えは無しの方向で^_^;

水道水にも塩素は入ってますよね?それではだめなのでしょうか?

塩素は抜けていくと聞きましたが何分に何%減る とか詳しく載っているサイトはありますか?

宜しくお願いいたします_(._.)_

●質問者: ほいく
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:サイト プール 塩素 水道
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● lobelia
●18ポイント

http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/seikatueisei/eisei-jyoho/eise...

こたえ

まず,水道水とプールの

塩素濃度はさほどかわりません

http://www.pref.fukushima.jp/eisei/kanei/seiei/pool/pool_09.html

著しいときには10分間に0.1mg/リットル程度の速さで分解

プール中の塩素は分解されるために

常に一定量の塩素を入れておかなかればいけません.

http://www.pref.fukushima.jp/eisei/kanei/seiei/pool/pool_index.h...

プールを衛生的に管理するために

http://www.pref.fukushima.jp/eisei/kanei/seiei/pool/pool_07.html

プール水の残留塩素濃度

塩素消毒の目的は感染症の予防など、プールの衛生管理にあります。そのため、循環によって滅菌器を通過する瞬間の水を消毒することだけが目的ではなく、入泳者によって持ち込まれる細菌や病原菌の増殖を抑制する意味もあって、0.4mg/リットルという数値が定められています。

では0.4という数字には根拠があるのでしょうか。

プールにおける消毒効果は瞬時に行われることが理想的です。なぜなら入泳者の持ち込む病原菌が他の入泳者に感染しないうちに殺菌することが望ましいからです。いろいろな病原菌を15〜30秒(ウィルスは60秒)で死滅させる塩素濃度を表に示します。

また、実際のプール水を用いて遊離残留塩素によるアデノウィルスの不活化について試験したデータを次ページに示しました。この結果からも遊離残留塩素が0.4mg/リットルを越える場合はウィルスが速やかに不活化しますが、0.2mg/リットルでは残存率がほとんど変らないことがわかります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

なるほど徐々に溶けるために錠剤なのですね…


2 ● kazooo3
●18ポイント

http://www.pref.fukushima.jp/eisei/kanei/seiei/pool/pool_02.html

プールの水質維持管理

プールが掃除したてのパーフェクトに綺麗で除菌されている状態で、水が蛇口から出したてのもので満たされるなら塩素は水道水に含まれるものだけで構いません。が、それをやりつづけるのは経済的に無理があります。清掃にも水道水にもコストが発生しますので。水道水をプールいっぱいに入れると結構なコストが発生するのです。ですのである程度の使いまわしは発生します。塩素は一晩でほぼ抜けてしまいますので翌日のプールの水は雑菌が繁殖しやすい状態になっていますので塩素を加えます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

>掃除したてのパーフェクト

これは無理ですね^^;

やっぱり入れないとだめですね(^_^;)


3 ● aki73ix
●18ポイント

http://www.m-t-o.co.jp/marusu.html

塩素と呼ばれているのは、次亜塩素酸のことです

プールに「塩素」を入れるのは

1.濃度によって、殺菌力が異なるから、殺菌力を高めるためです。

2.プール内に人が入ると、汗、体の老廃物などがプールに溶け込んで、雑菌が増殖しやすい状態になります。さらに、プール内で用をたす児童も居たりして、通常の浄水とは全く汚染度が変わってくるからです

http://www2.sensyu.ne.jp/b-unit/page102.html

温泉コラム

お風呂の場合は高温なので、少し規制がゆるいのかも

http://www.fujikarosuiki.com/support_pool.html

プールトラブルQ&A

プール水にイソシアヌル酸を約30mg/リットル程度溶解しておくと、紫外線による有効塩素の分解を防ぐことができます。屋外プールで強い直射日光の下では、著しいときには10分間に0.1mg/リットル程度の速さで分解が進むことがあり、この分解をカバーするように塩素剤を供給することは非常に大変です。ところがイソシアヌル酸を併用すると1時間で0.1mg/リットルあるいはそれ以下の分解に抑えることができます。と他のサイトに書かれていました

このURLは詳しい基準などです

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

>イソシアヌル酸

こんなのあるのですね!(^_^)

貴重な情報有難うございます!


4 ● iorin
●8ポイント

http://www.mhlw.go.jp/public/kekka/p0724-1.html

遊泳用プールの衛生基準に関する指針の一部改正に関する御意見の募集結果について

厚生労働省の水質基準で0.4mg/Lと決められているそうです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!


5 ● mai-1997
●18ポイント

http://www.kenkou.metro.tokyo.jp/hachihc/zyouhou/tayori/intouket...

このサイトの一番下に

塩素が抜けてく理由が書かれたいました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

>幼稚園や保育園などのプールは、容量が少なく遊泳者により持ち 込まれる汚れも多いので、残留塩素が多く消費されます。そこで、適宜(15分〜30分ごと)残留塩素測定器を使って、残留塩素濃度をチェックし、常に0.4?/l〜1.0?/lに保つようにしてください

適宜(15分〜30分ごと)ってのが^^;な感じですね^^

====

ありがとうございました!

詳しく知ることが出来ました!(*^_^*)

又よろしくお願いいたします!(*^_^*)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ