人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

サービス業の従業員(アルバイトを含む)の定着率向上の手段・方法を教えてくださいませんか?

●質問者: imoplus
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:アルバイト サービス業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● ozonepapa
●13ポイント

http://www.abc.com/

ABC.com

URLはダミーです。

・やりがいがあること

・時給がよい

・楽しい雰囲気

・休みを取りやすい

などではないでしょうか

従業員に仕事を任せ、柔軟的なローテーションが組めればいいと思います。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。楽しい雰囲気と言うところがポイントだと信じています。


2 ● yukitugu
●13ポイント

http://www.google.co.jp/

Google

↑ダミーです。

楽しいというより人間関係に問題が無いことは最低条件だと思いますが、定着を狙うなら社会保険、失業保険等の賃金以外の待遇が大事では無いでしょうか。あとはある程度現場の改善に関する裁量を持たせてやりがいを感じてもらうことですね。


3 ● TomCat
●13ポイント

http://www.fukuyama.or.jp/j/join/zigyounaiyou_m.html

サービス業は業界全体の風潮に

「気軽に雇用」できて「気軽に整理」できる短期労働力を重宝がる傾向があり、

就労する側も一時の腰掛け的な気持ちでやっているケースが目立ちます。

このイメージを払拭して長期働く職場としての認識を持ってもらうには、

・雇用と労働の条件を明確に文書で提示する。

・社会保障制度をしっかり完備する。

・職場の中で責任を担わせやりがいを与えると共に

従業員の自治的活動(クラブやサークルなど)の育成を助けていく。

・就労期間に応じた昇級制度を明確にし、長期就労に魅力を持たせる。

・仕事に役立つ資格取得などを積極的にバックアップする。

などの努力が必要かと思います。

地域の商工会や商工会議所はそうした事業主の努力をバックアップする

様々な事業を行っています。


4 ● Liner
●13ポイント

http://www.baitoru.com/

アルバイト探しのバイトルドットコム-短期バイトやパート情報満載

サービス業は、人対人の商売ですから、仕事には厳しくするが、バックヤードでのプライベートはきさくに、ざっくばらんに、というメリハリの使い分けが重要ではないのかと思います。

あとは、正社員とアルバイトでは接し方を変える。プロ意識の違いを社員がバイトに見せつけるような仕事をすれば、バイトは必然的についてくるし、技を盗んでくれると思います。

アルバイトは、休みを取りやすくさせるのは当然かと思います。シフト管理が大事だということですね。

教育面では、最初に試用期間の安い時給でしっかりと教え込んだ後に2,3段階の昇級を定期的or不定期に行うと、上がった時給のせいで逃げにくくなる可能性が高まると思います。


5 ● kouzumi
●13ポイント

http://www.msn.co.jp/home.armx

MSN Japan

URLはダミーです。

・しかる時はしかるがほめる時はしっかりほめる。

しかる事しかできない人は下のものからあら捜ししているんじゃないかと信頼されません。ただ一回の叱責でやめるような奴ならどんな場合でもすぐやめます。

・仲間意識の強い職場をつくる。

・トップにたつ人の魅力

店長クラスのものがしっかりと信頼されリーダーシップが発揮されていれば下は付いてきてくれます。バイトの話ですが、A店長の時は店長の頼みなら仕方ないな。といって無茶なシフトに入っていた人たちがB店長になると相次いでやめ、1年ほど経ったときには14人中3人しか残らなかったことがあります。

僕の経験からですが。


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ