人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

メンタルヘルスのサークルをビジネスとして
作ろうと思っています。サークルのメンバーが
おのおのセラピーのワークショップを企画し、
それをやることで会長である私と企画した
メンバーとで収入を分けあうというシステム
です。毎回おなじメンバーと仕事をしない
し、また法人でなく、まったくの個人収入と
いう形で処理したいのですが、法律的に問題
はないでしょうか? あるいはそうするように
もっていけるアイデアはあるでしょうか?
私はともかく、メンバーは確定申告をする
ほどの収入を得ることはないので、みんなで
ハッピーかなと思ってます。できれば、
詳しい知識を持っている方の意見をきかせて
いただければ幸いです。

●質問者: mm_ug2k
●カテゴリ:ビジネス・経営 医療・健康
✍キーワード:はと アイデア サークル システム セラピー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●10ポイント

http://www.soho-web.jp/contents/manual/tax1/

税金のことについては、

共同事業の収益の分配ということであれば、

所得に関する申告は全て受け取った側の責任となります。

受け取った側がそれを雑所得として申告するか、

事業所得として申告するか、

あるいは申告の必要性が生じない形で処理するかは

主催者が関知するところではありません。

ただし、これを明確に打ち出すならば、

主催者とパートナーの間に雇用関係がないこと、

そのかわり収益の分配に関する契約があることを

明確にしておくことが安心でしょう。

ただ、メンタルヘルスのサークルという内容に

ちょっと危なさを感じます。

医師の担当すべき疾病の領域に関する効果をうたうと

ワークショップという形で参加者に実践させる方式を採っても

医業類似行為とみなされる可能性が皆無とは言えませんから、

問題はむしろそちらの方をどう明確に合法化するかではないでしょうか。


2 ● yujihirose
●10ポイント

http://www.ccn2.aitai.ne.jp/~maiden70/

まずはとにかくHPを作りましょう。

法律的には全然問題ないです。

司法書士をめざしていたので

多分正解だと思います。


3 ● pahoo
●60ポイント

http://www.shumatsu.net/

週末起業フォーラム

流行のビジネスモデルですので、こちらが参考になるかと。

http://homepage2.nifty.com/c-work/jieigaku/page3.htm

移転のお知らせ

個人事業の税金

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ