人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

マルクス経済学における資本主義の発展段階で、グローバリズムの果たす役割って何でしょうか?グローバリズムの例もあげているページもあればありがたいです。

●質問者: ahiruzuki
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:グローバリズム マルクス経済学 資本主義
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● k318
●15ポイント

http://georg.e.u-tokyo.ac.jp/pub/kyouturondai.pdf

グローバリズムの果たす役割や例について述べられています。


2 ● YOU3554
●15ポイント

http://www.google.co.jp/search?q=cache:fOTmKhzHfE0J:georg.e.u-to...

グローバリズムと原理論2003,10,10

小幡 道昭

重商主義、自由主義、帝国主義という三段階からなる従来の発展段階論に

グローバリズムが暗黙裏に第四段階説を含意するのであれば、、、

というストーリー


3 ● jo_30
●30ポイント

http://www.interq.or.jp/red/rodo/bulletin/bn/0203/dokusen.html

こちらで、「多国籍独占」というキーワードで、マルクスをベースに現代のいわゆる「グローバリズム」の性質について解説していますね。独占資本主義の一層高い段階である、と規定されています。

http://www.st.rim.or.jp/~ikita/DOC/e021t001.html

こちらでは、「多国籍企業」という存在の扱いづらさについて語っています。ただ、「多国籍企業の拡大」と「新保守主義」の関係について述べているところはおもしろい。また、「グローバリズム」が進行するとともに、新たなブロック化が進んでいる(EUなど)という指摘もなかなかおもしろいです。まあ、「文明の衝突」論で大きく取り上げられた問題でもありますが。

◎質問者からの返答

なるほど、ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ