人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

情報の価値は、情報の落差が存在しているところにありビジネスチャンスであるというのを日経新聞の経済の論文でときどきみるのですが、その原典となるような論文はあるのでしょうか? イメージしているのは情報落差とビジネスチャンスというテーマを扱っている論文です。

●質問者: isogaya
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:イメージ テーマ ビジネスチャンス 価値 原典
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● aki73ix
●20ポイント

http://www.about.reuters.com/japan/trader/backnumber/td_2k1112_7...

恐らく慶応ビジネススクールの國領 二郎教授の受け売りではないかと思います

ビジネスモデルを3つの形に分けて

情報の非対称性構造を変化させるものについて情報の落差が商売になるということを説明しています

確か、雑誌にも論文出してたかと思います

http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%...

キーワードは”ビジネスモデル”と”非対称性構造”ですね

◎質問者からの返答

國領さんの原典はなにかあるのでしょうか?

情報理論のシャノンとかそいうった背景があるのかなと思っています。


2 ● Idea-Marathon
●20ポイント

http://www.idea-marathon.net/

Welcome to the Official Website of Idea Marathon System

Isogaya様

上記はダミーですし、ご参考までで、ポイントは不要です。

私は商社マンですが、私が商社に入社した35年前から、「情報の不足している国こそ、商社の活躍する国だ」と、普通に言われてきました。先進国はどんどんメーカーの人が乗り込んで駐在していきますから、中近東、アフリカ、南西アジア、東欧、当時の中国、ロシア、中南米などが対象でした。これは間違いなく情報落差でした。今も、この情報落差を商社は、程度こそかなり違っていますが、活用しています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。情報落差とはなにかをもうちょっとオペレーションレベルで、詳細に考察しているところがあると面白いと思っているのですが、

情報落差はいずれ裁定されますので、インターネットの出現とのその影響あたりも含めてどうなかのかなと


3 ● k318
●20ポイント

http://www.academyhills.com/gijiroku/25/25_1.html

e-ビジネス創造の3つのポイント

情報落差があるところにe-ビジネス創造のポイントがあるとのことです。

◎質問者からの返答

やはり国領先生ですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ