人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ちょっと昔の新潮文庫の分類記号「草」とはどういう意味ですか?

●質問者: hayami
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:新潮文庫
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● aki73ix
●10ポイント

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C1%F0&kind=jn&mode=0&...

そうし さう― 1 【草市】 - goo 辞書

たしか、表紙の色や装丁によって区別されるようになった時の分別で

草双紙・草紙からきていたと思います

仮名書きの物語・日記・歌などの総称を草紙といったことから転じて日本文学をさすわけです

他にも「赤(海外文学だったかな?)」というのもあったかと思います

あと、草びらを青物ということから青も日本文学に分類されていた気がします


2 ● love21st
●10ポイント

草: 日本文学(小説)

青: 日本文学(詩・評論・その他)

赤: 海外文学(小説)

黄: 海外文学(詩・評論・その他)

白: 日本及び海外の時代小説・探偵小説等

紅: 時代小説他

でしたが、青→草、黄→赤に統合されて、それぞれ日本の作品、海外の作品という分類に変りました。


3 ● kazooo3
●50ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%A...

新潮文庫 - Wikipedia

草:日本文学 小説 → 日本の作品

ですね。

◎質問者からの返答

なるほど。分かりやすいページをありがとうございます。質問してよかった。

「草」とは、帯が「草色」ということですか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ