人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本のソフトウェア開発は今後どうなって行きますか?
1年後
5年後
10年後
100年後
の視点で教えてください。
「どうなっていく」という漠然とした要素について一般的にどういうのが指針になるかも絡めて教えてください。

●質問者: kunitz
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:ソフトウェア 漠然
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● SSB
●13ポイント

http://www.microsoft.com/

Microsoft Corporation

根拠

25年前、あと10年も経てばプログラマーは 不要になると考えられていたが そうなっていない。

予測

1.1年後 ワケ解からん言語が出現する。

2.5年後 ワケ解からん言語が出現する。

3.10年後 ワケ解からん言語が出現する。

4.100年後 ワケ解からん言語が出現する。

以上

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

おもしれー!!


2 ● mai-1997
●13ポイント

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/43/3/4308930.html

戦後政治の崩壊

一年後、現状と大して変わっていない

五年後 経済破綻の兆候がさらに激しくなり、国民が政治不信に陥る、

十年後、大きな政治改革、大日本帝国の復活、独裁政治が始まる。

百年後、核か環境破壊よって人類が滅亡している

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

10年後と100年後がどういった考察によって導き出されたのかが気になります。。。


3 ● ke-zi
●13ポイント

http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NBY/NEWS/20030611/2/

【JavaOne2003速報】今後のJavaは「強力」よりも「シンプル」を重視:ITpro

自分はWeb系ソフトウェア開発をしているので、そういった観点からになってしまいますが

一年後 → 今より開発環境が良くなり、素人(自分みたいな)でもなんとなく作れる人が今より増える。

五年後 → 仕様がオブジェクトよりになっていき、なんとなく作れる範囲が狭まり、出来る人と出来ない人の差が分かりやすくなる

十年後 → バグだらけのWindowsで開発自体しなくなる。開発目的にUNIX系OSを用いる企業が続出。

百年後 → 環境問題としてハードウェアの生産に規制がかかり、それに伴いソフトウェアの開発環境も限定され、活発ではなくなる。もしくはハードウェア自体を開発する資源が減り、ソフトウェアも開発困難になる。

ソフトウェア業界が生き残るかどうかについてを考えたところ、生き残るとは思いますので、それ以外の点を考えてみました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

環境問題かぁ


4 ● dim
●13ポイント

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/5667/#CHAPTER00...

真・プログラマになるには

1年後:現状とほとんど変わらない。

5年後:「手続き型・構造化→関数型→オブジェクト指向型」の流れの後継として、新たな手法が提案されるようになる。

10年後:ハードはロボットしか作れなくても、人しか創ることができないプログラムを作るプログラマという職業への評価が正当にされるようになり、能力によって大きな給料の差がつくようになる。

100年後:ソフトウェア開発自体がまだ急速な発展を遂げている中では、想像することなどとてもじゃないが無理。

かなり適当で。予言などというものは当たらないものなので気にしない気にしない。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

手続き型・構造化→関数型→オブジェクト指向型

人しか創ることができない


5 ● harawan3
●13ポイント

http://homepage3.nifty.com/toremoro/p2p/p2p.html

P2P basic

1年後 → ロングホーン登場するもソフトウェア需要は殆ど無し。有名どころのフリーウェア作者も状況を静観。

5年後 → マイクロソフトがP2Pをモチーフに.NETを更に発展させた、ネット網サーバ思想を打ち上げ、新Windowsを発表。それにあわせ、サーバとは言わない新しい名称が誕生。ネットオブジェクトの仕様が一新。ソフトウェア開発はP2Pでの技術力が必要とされる。

10年後 →画期的な暗号処理が実用化され、ネット網での情報の秘匿性の信頼が格段に増す。Linuxがマイクロソフトに吸収され、ネット網サーバの仕様が統一される。

企業のシステムの再構築の需要が増える。

更なるインフラ整備の必要性が国会でも論議される。

100年後 → オブジェクト単位で規格は統一化され、企業はプロジェクト単位で仕事の公募をし、プロジェクトネット網への参加する権限を与える形でソフトウェア開発は進められる。今で言うSOHOが主力の形態となる。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

サーバとは言わない新しい名称が誕生

Linuxがマイクロソフトに吸収

今で言うSOHOが主力の形態となる。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ