人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

承諾を促進する(説得効果を高める)要因について具体的な例をあげながら説明して下さい。

●質問者: pak302
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● Idea-Marathon
●20ポイント

http://www.idea-marathon.net/

Welcome to the Official Website of Idea Marathon System

上記はダミーです。

ビジネスの営業上で承諾を促進する要因でよろしいのでしょうか。

(1)保守の迅速性を訊ねられたときに、実際に保守部隊に電話を入れて、お客のところに呼んで、到着までの時間を測定したことがある。

(2)他の大口ユーザーの使用例を見せに連れ出す。

(3)若い担当者を、理屈も何もなく、「注文が出るまで帰ってくるな」と、貼り付ける。

(4)気で祈る。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


2 ● k318
●20ポイント

http://www.okayama-u.ac.jp/user/le/psycho/member/hase/yh-seminar...

http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=2002110517500000000884...

『まぐまぐ!』 エラーが発生しました

1.誰が

2.何を

3.誰に

説得は、三つの要因に分けられます。との記述があります。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~hiroshin/blood_type/persuasion.html

persuasion

信憑性は専門性と信頼性の2つからなる説得効果を高める要因の一つとの記述があります。


3 ● EdgarPoe
●20ポイント

http://allabout.co.jp/career/careersales/closeup/CU20020120A/

【連載】説得と交渉の営業心理学 第2回 拒否させて譲歩する - [営業・セールスの仕事]All About

はじめまして。E.A.Poe(知のくずかご)と申します。

主題:「拒否させて譲歩する」という社会心理学的テクニックの紹介

--

友人にいきなり「一万円貸して」と言ったら、まず断られると思います。そこで最初に

「あのさ、どうしても2万円必要なんだよ、貸してくれない?」といって断らせ、その後「じゃ、一万円でもいいからさ、お願い」と言うと、断りにくくなりませんか?

これが「拒否させて譲歩する」の非常に単純化した原理です。

--

http://www.shinrigaku.com/short/short05.html

debtfree.biz

主題2:「ロー イン ザ ボール」という手法の紹介

これは、主にアメリカの車のセールスで使われた手法です。

まず「お客様には私の権限で100ドル割引にします」と約束します。お客さんがいったんOKすればこっちのもの。

「ちょっと電話してきます」と言って席をはずし、後で「大変申し訳ありません。上司に連絡したのですが、私の権限では50ドルまでしか値引きできないと言うことでした。本当に申し訳ありません」とひたすら謝ります。

お客さんは

1:すでに車を手に入れた気分になっている(どこにドライブに行こうかな?とか考えている)ので非常に拒否しにくい

2:セールスマンをせめても無駄なことがわかっているので、自分の態度を変更せざるを得ない

という「認知的不協和の打開」に「自己の態度の変更」をすることが非常に多くなります。

この手法は、小生が心理学の授業で聞いた話しであり、しかも「あまりに効き目がありすぎる&詐欺に近い」という理由で使ってはいけないことになったそうです。

--

また、こちらのサイトでは「小さなことをOKさせてだんだん大きなこともOKさせる」という例もありますので、ご興味があればごらんになってはいかがでしょうか?

--

やや心理学寄り、しかも理論中心になってしまいましたが、お役に立ちますかどうか。


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ