人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

問題が起きた時に、「オレは正しい」と主張する韓国人、「オレは悪くない」と言い訳する中国人、「申し訳ない」とすぐに謝る日本人、という言葉があります。
中国は、嘘偽りがばれると直ちに首をはねられる歴史の中で、生き残り術としての言い訳の文化があるので納得。
日本は、武士道の流れで謙譲の美徳が身に付いているので、とに角まず謝る文化でこれも納得。
ところで、「オレは正しい」と主張する韓国人、の部分の文化的背景が分かりません。儒教の教えでしょうか?
〔注意〕これはネタ質問ではありません、まじめな答えを求めています。

●質問者: dalian3
●カテゴリ:政治・社会 旅行・地域情報
✍キーワード:ネタ 中国 中国人 儒教 文化
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● morimori_68
●7ポイント

http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/list.php?id=enjoyjapan...

下手に憶測で物を言うのもアレなので、リンク先で韓国の皆さんに直接聞いてみるといいんじゃないかな?

◎質問者からの返答

聞いて失礼じゃないでしょうか?

ひょっとして、韓国人にとって好ましくない内容ならどうしましょう。内容が分からないので、判断できません。


2 ● celts
●86ポイント

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h14/jog246.html

JOG(246) トウガラシの韓国、ワサビの日本

上のは右よりのサイトですが、その辺は割り引いた上で目を通してくださるとありがたいです。

理由としては中国に近いのでしょうね。自分の正当性を徹底的に主張し相手が間違っていることにしないと場合によっては命に関わる。特に儒教の中でも朱子学という攻撃的なものに忠実だったため、こういう習慣が生まれたのではないのでしょうか?

日本でも朱子学は一応国学となりましたが、李氏朝鮮ほど徹底されなかったため、民族性が異なってるのだとおもいます。

◎質問者からの返答

非常に明快なサイトを紹介していただきました、求めていた回答ずばりです。ありがとうございます。

やはり、根底には儒教がありましたか?


3 ● TomCat
●8ポイント

http://www.l-o-a.net/kiso/kiso1.html

韓国基礎知識

私は何人かの韓国人と交流がありますが、

彼らから感じるのは、極めて誇り高い国民性、

ということです。

彼らは「国」というものを常に感じながら

生活しているようです。

そして民族の誇りをいつも持ち続けている。

このへんが、おそらく典型的な祖国意識(の希薄さ)と

民族意識(なんて考えたこともない)の

日本人である私と

随分違うところだなぁと思います。

そして、彼らは父母をとても大切にします。

というか、父母を敬っています。

おそらく長い儒教社会の影響なのでしょうが、

とりわけ「孝」を重んずる国民性のようです。

そうした民族の誇り、家門の誇りといった意識が

そのまま自分のプライドにも現れていると考えれば、

「オレは正しい」と主張する韓国人、というのは

彼らの美徳がそうさせている、

と受け止めてもいいのではないかと思います。

どんなもんでしょうか(^-^;

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

TomCatさん、こんなとこでなんですが、プロポーズの件は言葉の遊びです、誤解なきよう!


4 ● yochie
●8ポイント

http://www.geocities.com/asiannabors/m7Learn/

(URL内抜粋)自己主張をするとき物事の良し悪し、世間的常識など理性的なことは考えず気軽に自己主張をします。

私は海外の学校を出たのですが、ディベートでは韓国人にいつも惨敗でした。

でも彼らの勉強への姿勢は日本人の何倍も前向きですよね。「どうしてそんなに勉強できるの?」と聞くと「そのためにお金払って学校きてるんだから当たり前だよ」と

返ってきました。

同じ学校を卒業したのに、彼らの方がいい就職先についています。

ソウルの友達とはよく会いますが、いわゆる「主張が強い」というより「主張がうまい」という感じに思えます。

◎質問者からの返答

実体験をありがとうございます。

せっかくご紹介いただいたURLですが、geocitiesは中国では殆ど開けないんですよ。


5 ● morimori_68
●1ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334011853/qid=10908396...

Amazon.co.jp: 韓国の悲劇―誰も書かなかった真実 (カッパ・ビジネス): 本: 小室 直樹

このくらいなら失礼には当たらないと思います。

小室直樹博士は上記の本を書くに当たって韓国に行き、もっともっとデリケートな議論をふっかけてきたとのことです。

◎質問者からの返答

謎は大分解けてきました。

皆様ありがとうございました。

私の満足度に応じてceltsさんにポイントを集中します、ご了解ください。

また、patric_cox_wwlさん、のっかりありがとうございました、満足できる回答が得られました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ