人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

マーケティングの人材を募集するときに、人材紹介会社をかけるか、ウェブもしくは新聞広告を打つべきか、で悩んでいます。その両者の強み、弱みを教えてください。特に料金面や、質、懸念事項などが比較できれば一番良いです。

●質問者: ahiruzuki
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:つべ ウェブ マーケティング 人材 会社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● bassy
●25ポイント

http://tenshoku.inte.co.jp/

転職ならDODA(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト

中途採用の募集をかけるときによく問題となる人材紹介会社を使うか、リクナビネクストなどの広告媒体を使うかという点ですが、この二つの特徴を簡単にまとめると下記のようになると思われます。

<人材紹介>

特徴としては成果報酬の体系を取るため、転職が成立しない限り課金されないというのは大きな強み。また、紹介会社が紹介する人材の一次的スクリーニングをかけてくれるので選考フローが少なくなったり、交渉ごとも代行してくれるので人事コストは減る。しかし、その一方で一人当たりのコストが年収の30%程度(大体120万〜150万)かかるので高い。

<広告媒体>

リクナビネクストで80万円程度、ビーイングなどでも100万円程度で行うことでき、新聞や小規模媒体を使えばもっとコストを安く行うことは可能。しかし、成果型ではないのでコストをかけても人が取れないという場合がある。

特徴を挙げると上記のようになります。今回では、やはりポイントになるのは募集をけるマーケティングのポストかと思われます。ポストが若手で未経験、もしくは第二新卒も可能などであれば、マーケティングは人気職種でもあることから広告媒体利用で非常にコストを抑えて採用できるかと思います。しかし、そのポストがマネージャー層の募集などであるならばマーケティング経験者の全体的な少なさから広告での採用は困難であり、紹介会社と複数契約し、そこからの採用にシフトをする方が良いかと思います。

◎質問者からの返答

なるほど、今回は第二新卒等は不可、ある程度経験があるマネージャー層です。


2 ● amenobow
●25ポイント

http://apple.excite.co.jp/search.gw?lk=applejp_jp&lang=jp&c=web&...

転職 - Apple 検索結果

bassyさんとほぼ同じ意見ですが、第二新卒不可ということで追加です。

広告媒体を使って公募すると、

「未経験もしくはほぼ経験が無いが、やってみたい」

という層の方からの応募が非常に多くなり、

応募が50通来たとして該当する方が見つかる可能性は高くありません。

もし御社が地名度の高い企業で

魅力ある広告を出された場合は100通以上の応募があるかと思いますが、

その中で該当する方は数%で

その他の方への対応に非常に工数を取られてしまう可能性が高いです。

逆に経験の豊富な方は転職市場において価値が高いため、

地道に公募で転職されるよりも

紹介会社に登録し声が掛かるのを待つ、

という転職方法を取る方が多い傾向にあります。

以上の理由から、紹介会社に利用をお薦めします。

有効でない応募者の方の書類をたくさん検討し



◎質問者からの返答

なるほど、ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ