人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「経済の二重構造」とはどういう意味でしょうか?個人的には一般で言われる単なる大企業と中小企業の所得格差を指すのではなくもっと大きな意味を含有していると思うのですが。

●質問者: yuusuke6024
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:中小企業 大企業 所得格差 構造 経済
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● actual
●34ポイント

http://www.pem.u-tokai.ac.jp/~kawanobe/opinion04_02.htm

輸入と輸出の観点からの二重構造です。


2 ● garyo
●34ポイント

http://www.utobrain.co.jp/review/2003/081801/

構造デフレの世紀 : UBブックレビュー : 株式会社ユート・ブレーン

こちらでしょうか?現在も当てはまるのでしょうか?

>日本の経済の二重構造、つまり生産性の高い輸出関連製造業と生産性の低い国内製造・サービス業の共存と、

http://www.sumitomocorp.co.jp/economy/trend/9906/j-siten.html

Opinion <J>

http://www.eiko.gr.jp/8essei/cyusyokigyo04.htm

ご質問で上げられているのはこちらでしょうか

>「日本経済の二重構造」という言葉が、公式に認知されたのは昭和32年(1957年)版中小企業白書においてであったが、以後この言葉は日本経済の特性を表す代表的な言葉となった。

厳密な経済学的定義は別にして、二重構造とはそのまま高賃金の大企業と低賃金の中小企業という、働く者にとっての事実的待遇格差を表す言葉でもあった。


3 ● nishi2000
●34ポイント

http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/Shiten99_site/Educatio...

まさに「比較劣位の部門を「再生」という名の下に救済し二重構造を温存することではなく、比較優位部門への生産要素の自然な移動を放任することではないのか。」すべきなのでしょうね。


4 ● aki73ix
●34ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1089164026

労働の二重構造論について説明されているページ、文献等がありましたら教えてください。お願いします。 - 人力検索はてな

賃金格差拡大or 大企業と中小企業の格差=経済の二重構造といいますが、前者は経済の二重構造論、後者は経営の二重構造論といわれます

経営の二重構造論、労働の二重構造論など色々な言い方がありますね。

前回、労働の二重構造論について質問がありましたので参考になるかと思います

http://www.nri.co.jp/opinion/r_report/m_word/venture_bus.html

経営用語の基礎知識

ときとして、経済の二重構造は経営の二重構造とほぼ同じ意味でつかわれており、それがもっと大きな意味でつかわれてるのではないかと思われた理由ではないかと思います

http://www.media-club.jp/media/backnumber/cmail20/

週刊中国新聞経済メールマガジン

参考


5 ● SSB
●34ポイント

http://www.careerquest.jp/j/advice/stockoption/Hata.html

AXIOM | サイト統合・リニューアルのお知らせ - 次世代ビジネスリーダー・MBA転職[アクシアム]

日本は経済大国であるのにも拘わらず 中国等へ企業が逃げてしまい、産業の空洞化が進み、

全然、豊かになっていない。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ