人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【☆】これからの音楽業界はどうなっていくと思いますか?ビジネス的な視点から理由もつけて、貴方様のご意見をビシっとお聞かせください。具体的で説得力がある意見にはバシッと奮発いたします。どうぞよろしくお願い致します(理由をいうときに根拠となる数字が示してあるサイトを掲示していただくと更にナイスです。説得力を期待しております)

●質問者: futoku_nagaku
●カテゴリ:ビジネス・経営 芸術・文化・歴史
✍キーワード:サイト ナイス ビジネス 意見 数字
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●30ポイント

http://www.nri.co.jp/news/2003/031113.html

2008年までのIT主要分野の市場規模とトレンドを展望(2)

これからの音楽業界は、おそらくかつてない

多様化の時代を迎えると思われます。

まずミュージックシーンですが、

マイブーム時代を経て進んだ嗜好の多様化にさらに拍車がかかり、

ごく少数の大量売上を記録するアーティスト・タレントを除き、

ほぼ横一線で次に続くアーティスト・タレントが大量に並びます。

一人一人の売上高はあまり伸びず、

オリコン的チャートはあまり活況を見せなくなりますが、

そのかわり多様な注目アーティストが大量に輩出され、

ここにテレビなど他メディアとタイアップのタレントや声優が加わって、

ミュージックシーン全体は活気づきます。

そこで問題となるのが作品の供給方法です。

従来のCDなどの物理メディアでの流通では、

タイトル数ばかり多く、

かといって1タイトルあたりの売上が少なくなる状況では、

コスト面で折り合わなくなってきます。

そこで、今はマスターが完全なデジタルデータとして作成されますから、

それを販売用にリミックスしてサーバに乗せるだけで済む、

ネット配信型のコンテンツ供給が主流になるものと思われます。

これに伴って、まずインディーズのアーティスト達が、

ネット上ではメジャーレーベルと対等の

プロモーションを打てるようになってきます。

そこでメジャーレーベルはインディーズとの差別化を目指して

紙媒体メディアとタイアップ。

デジタルコンテンツでは供給できない

従来のCDの歌詞カードをさらにグレードアップした

ブックレットのリリースに乗り出します。

こうして音楽関連産業の流通末端はネットとコンビニなどに移っていき、

次第に従来のCDショップは業態変更を強いられることになってくるでしょう。

こうしたCD離れの現象の根底には、業界が無理矢理導入したCCCDへの、

顧客からの反発も強く影響することになりそうです。

---------

URLは昨年に野村総研が発表した

2008年までの情報通信主要31分野の市場分析および市場規模予測です。

これによると、eビジネス市場はBtoC・BtoB共に毎年2桁の成長率が見込まれ、

2008年までに160兆円市場に拡大、デジタルコンテンツ市場だけを見ても

2003年度には15億円だったものが2008年には883億円に成長すると予想しています。

これに対して音楽CD市場は2003年時点で約4000億円規模、

さらに下降の一途をたどっていることから、

デジタルコンテンツ市場の伸びがさらに立ち上がり早く成長した場合、

2008年前後でほぼ両者の市場規模が拮抗する可能性が出てきます。

こうなってくると一気に市場の逆転現象が起こってくるだろう、

その起爆剤となってくるであろうミュージックシーンとは、

といった観点から上記の予想を考えてみました。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます!

いや〜いきなりとんでもない具体的で的をついている回答が飛び出しまして驚愕しております。

>そこでメジャーレーベルはインディーズとの差別化>を目指して紙媒体メディアとタイアップ。

>デジタルコンテンツでは供給できない

>従来のCDの歌詞カードをさらにグレードアップした

>ブックレットのリリースに乗り出します。

上記の回答をもう少し具体的に教えていただけると

助かります。

ナイスな回答ありがとうございます!

どんどんいきましょう!!


2 ● labelle
●30ポイント

http://sonobasho.exblog.jp/678003

その場所に : 「青山ブックセンター 閉店」をめぐるブログの波及力について

先日青山ブックセンターが倒産したニュースが流れましたが、それについて書いてるブログの論旨で、再販防止で値下げを認めず、特徴ある店作りを意図して、消費者に多様な書物を紹介していきたくても、売れなかった>値引きが出来ない>徐々に返品するしかない>結果販社も問屋も小売も、すべてが損をしただけで、刊行された書物は結局廃棄処分されるだけ。という、消費者を無視した歪んだ業界構図の話がのっていました。こういうことを続けてきた結果、紙のメディアは徐々に衰退をはじめ、大手取次ぎ店は漫画や雑誌といった売れ筋(返品率の低い)商品を主に扱い、再販防止によって保障したはずの、小規模販社や文学作家の保護といった観点と全く逆の道をたどっています。今はまだ好調な漫画や雑誌すらも、インターネットの普及や、ゲームと言った娯楽の多様化によって販売を減少させており、このまま何もしなければ業界全体が沈んでいくのでしょう。

音楽業界もユーザーを見ていない点は同じで、売れないのは洋楽が安いからだと、輸入CDを規制してみたり、コピーが流行るから売れないんだと、音質の劣化を招く事を承知の上でCCCDやレーベルゲートを導入してみたり、既得権益を守ることばかり考えています。輸入CDよりコストが高いなら、それを見直す努力をしてみたり、MP3が流行ったならそこに生まれる新たなビジネスモデルを探ってみたりという努力は全く見えません。ネットでの音楽配信にしても、どうにかして自社が主導権を握ろうと邪魔をしあうばかりで、結局多くのユーザーから見向きもされない状態です。音楽というものを消費者に届けると言う観点を持たず、企業の収益ばかり意識してる現状では、いずれアーティスト自信によるネットでの音楽配信や、インディーズの更なる隆盛を招いて、現状の音楽業界をリードする企業や、大型販社は衰退していくのではないでしょうか。。。。とかいてて、コレだと一個人の感想文でしかないなぁーと思ったわけですが、せっかく書いたので送ります(^^;

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます!

ユーザーの視点でいかに物事を考えるか・・・

これに尽きますよね。

>MP3が流行ったならそこに生まれる新たなビジネスモデルを探ってみたり

これについては最近ではmoraという音楽配信サイトでレコ社が集まって配信を始めたみたいですが

まだまだ楽曲数もすくないということで

これからみたいです。

逆にアップルが日本にしっかり対応してくれば

音楽配信の構図はかなり変わってくると思います。

まぁそこもレコ社が承認するかが問題なのですが・・

i Tunes…

ありがとうございます!


3 ● maid-in-tea
●30ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1090951642#

【☆】これからの音楽業界はどうなっていくと思いますか?ビジネス的な視点から理由もつけて、貴方様のご意見をビシっとお聞かせください。具体的で説得力がある意見にはバ.. - 人力検索はてな

URLはダミーなことをお詫びいたします。

これからの音楽業界…

まずメディア販売型はCCCDなどの反感やレンタルコピーなどにより衰退するものの

DVDによるビデオクリップやオマケの高級化路線により人気アーティストと、それ以外のアーティストの二極化がハッキリとするでしょう。

またネット配信型による楽曲販売が更に進化し、携帯電話やiPodなどの携帯プレイヤーへのダウンロードが増加すると思われます。

これ以外では、単純なCD販売だけでなくビデオクリップ添付のCD販売やビデオクリップ集(過去作品を含む)など映像を含んだ形態での販売も増えると思われます。

一方で音楽著作権管理のJASRACによる不信から、トラブルや訴訟が多発したり、他管理団体への移管問題が今後予見できます。

と稚拙な回答で申し訳ございません。

中身が薄いので希望の回答とは違いましたらポイントは不要です。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます!

>単純なCD販売だけでなくビデオクリップ添付のC>D販売

この売り方でこれからも売れていくのでしょうか?

早くも消費者は飽きてきている気がします。これ以外にCD販売で売上を伸ばせそうな面白い販促の仕方

などがあれば教えてください。

ありがとうございます!


4 ● angel_ring
●30ポイント

http://www.musicsecurities.com/index_frame.html

「受身」から「参加型」に・・・音楽というと「聞く」という受身が主体ですが、何らかの形で「参加したい」と考えている人は多い筈です。「ファンクラブ」「おっかけ」も何からの形で「参加したい」という形のあらわれではないかと思われます。

本来、音楽(レコードやCD)は「数が売れれば安く売れる」筈なのに1万枚売れても100万枚売れても値段が変わらないというのもおかしいと言えばおかしいです。(たくさん、売れたら会社やアーティストが儲かるだけです)

音楽がレコードやCDというハードで売る必要はなく、インターネットでデータで売る事ができるとなると「投資」という形での参加も容易になってくるでしょう。参考の U.R.L. はCD作成費を証券化という方法で集め、売れたら配当があるというものです。この場合、証券化や配当の為の手間もかかってきます。

インターネットでのダウンロードなら、例えば、新曲をダウンロードするのに500円(聞くだけ)と1000円(売れたら配当付き)があって、「売れたら配当付き」を購入すると「配当」という楽しみもあり、「一種の参加」ができる。ある種、ギャンブルのような(馬券を買うような)面白さもある。

これから、こういう形が増えてくる(増えてきたら面白い)・・・という希望的観測。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます!

このようなレコ社があったとは驚きです!

「受身」から「参加型」→たしかにこれからの

音楽業界のKEYWORD?になりそうな感じがします。

しかし大手レコ社でこれをやるのは仕組みをつくる

金と時間がかかりそうですね・・・

でも面白いと思います!

ありがとうございます!


5 ● yukitugu
●30ポイント

http://koyomi.vis.ne.jp/

こよみのページ

↑ダミーです。

ビジネスモデルが二極化する。

ダウンロード型のお手軽に曲毎にデータを購入するスタイルが今のレンタル需要を引き継ぎ主流になるでしょう。

それとは別にパッケージの市場も残り、今よりも高付加価値な商品として生き残っていきます。人間の所有欲はデータを持っているだけでは満たされません。

ただ、コレクターズアイテムとして考えるとCDサイズはトールケースに入っていても貧弱です。アナログ版のレーザー再生可能なドライブがお手ごろな価格で登場するか、若しくはLDライクな新しいメディアが登場すると新しい市場が形成されると思います。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます!

二極化するという意見が多いですね〜!

レンタル屋はこれからどういう方向に変わって

いくのかも疑問に思いました。

これについて意見があれば教えてください〜

ありがとうございます!


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ