人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【企業小説・映画を教えて!】
工場の再生物語「ザ・ゴール」IT企業の成長記「成功者の告白」を最近読んで感動しました。これらのように、ビジネスの具体的な体験を盛り込みつつ、小説としても面白い(ここがポイント)小説・映画の作品を教えていただけますか?


日本の企業小説などもよく知らないので。あなたのオススメをぜひ教えてください。そのときには、舞台となっている業界と、あなたの一言コメントを添えてください。

●質問者: MASHMASH
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:あなた オススメ コメント ビジネス ポイント
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● nekoashi_2000
●30ポイント

http://www.toei.co.jp/hiwamatanoboru/

陽はまた昇る

VHS誕生物語として語られていますが、工場建て直しの物語でもあったと思います。映画ではだいぶドラマチックに演出されている部分もありましたが、製造にかかわっている人間としては、共感できる部分もあり(ていうか、映画みたいな上司が本当に欲しいですね)楽しめました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167639033/qid=10910650...

Amazon.co.jp: 陽はまた昇る―映像メディアの世紀 (文春文庫): 本: 佐藤 正明

原作は佐藤正明氏です。またこの方は他にトヨタやホンダを扱ったノンフィクションをお書きになっておられるようですね、今知りました。私も勉強になりました。

◎質問者からの返答

プロジェクトXの映画版ですね。

そういえば見落としていました。


2 ● Crayon
●30ポイント

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS...

系列: 紀伊國屋書店BookWeb

清水一行の「系列」とかどうですか?

小説ですが、昔NHKのドラマにもなりました。清水は他にもいろいろ書いています。

→ 自動車製造業です。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS...

呪縛: 紀伊國屋書店BookWeb

高杉良の「呪縛」とか ...

→ 金融業です。

◎質問者からの返答

【呪縛】・・は映画にもなったやつですね・・・

【系列】は自動車ですか。自動車業界というと「総務部総務課 山口六平太」というマンガしか知らないので楽しみです。

チェックしてみます。


3 ● Idea-Marathon
●30ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4789005348/qid%3D109106...

Amazon.co.jp: 北京ジープ―夢の合弁から失望へ アメリカンビジネスの挫折: 本: ジム マン,田畑 光永

北京ジープ

栄光と失望の企業JV

迫力があります

◎質問者からの返答

なるほど、波乱の買収劇ですね。

しかも文庫で安い。


4 ● tetsu1
●30ポイント

http://images-jp.amazon.com/images/P/4101104123.09.LZZZZZZZ.jpg

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101104123/qid=10910669...

Amazon.co.jp: 華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫): 本: 山崎 豊子

日本の企業小説の原点といえば山崎豊子さんではないでしょうか。

その徹底した取材と小説としての面白さ。いつ読んでも新鮮さは失われません。

「華麗なる一族」

不気味で巨大な権力機構「銀行」を徹底的に取材した力作。テーマは銀行再編や監督官庁の権益に絡む話など。

http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=01382022

セブンアンドワイ - 本 - ケインとアベル 上

海外作品では ジェフリー・アーチャーの「ケインとアベル」、その続編ともいえる「ロフノフスキの娘」がオススメです。

ホテル王と銀行王、果ては大統領選まで、ビジネスシーンだけでなく、生きていく上でのヒントがいっぱいです。

◎質問者からの返答

「華麗なる一族」・・・・聞いたことあるなぁ

・・・もしかして「白い巨頭」の人ですか。

海外モノ、まってました!

チェックしてみます。


5 ● ramezou
●35ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041643147/qid=10910663...

Amazon.co.jp: 青年社長〈上〉 (角川文庫): 本: 高杉 良

高杉良さんの企業小説は一通り面白いですが、実在のモデルをもとにした実録小説は迫力があって面白いです。まずはおすすめの3冊です。

『青年社長(上下)』

居食屋「和民」の渡邊美樹の実名起業小説。

『和民』をたちあげるまでの資金作り、フランチャイズ店の不振と撤退、子会社化を求める大企業との攻防がダイナミックに描かれています。

この小説を読んで、「和民」をみる目がかわりました。

また渡邊美樹さんは一挙一動をおいかけたくなる「カリスマ」性のある人物だと思います。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062648520/ref=pd_sim_d...

Amazon.co.jp: 辞表撤回 (講談社文庫): 本: 高杉 良

『辞表撤回』

JTBの実在人物をモデルにサラリーマンの成長の過程をたどった作品。

一度は辞表を提出した中年サラリーマンが、

年金ツアー、積み立て旅行(たびたび)、商品券(ナイスショップ)など

ヒット商品を企画し八面六臂の活躍をします。

とはいえ、主人公はぎらぎらしたエリートサラリーマンではなく、

飄々とした人物で上司の理解にめぐまれながら、大企業にありがちな足枷を

くぐりぬけながら商品を企画するストーリーは痛快です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062648261/qid%3D109106...

Amazon.co.jp: 挑戦つきることなし―小説ヤマト運輸 (講談社文庫): 本: 高杉 良

『挑戦つきることなし―小説ヤマト運輸』

ヤマト運輸の2代目社長の実録小説です。

従業員の反対を押し切って宅急便をはじめ、便妥協しない商品開発(クール宅急便)など、

強い信念と粘り強さは、会社経営を目指すかたのお手本ともなると思います。

運輸省の圧力を押しのけ、現在の地位に押し上げた過程は圧巻でした。

◎質問者からの返答

『辞表撤回』と、

そして『挑戦つきることなし―小説ヤマト運輸』

が気になります!

コメントお上手ですね!!


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ