人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近読んだエレーナ・ガーロの「未来の記憶」からラテンアメリカ文学に強い興味を覚えました。この他にお薦めのラテンアメリカ文学がありましたら教えてください。
ちなみに、蜘蛛女のキス、バルン・カナンは既読、百年の孤独などは存じております。

●質問者: shaadi
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:お薦め カナン ガーロ キス ラテンアメリカ文学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 19/19件

▽最新の回答へ

1 ● pqpqpqpq
●70ポイント

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0552.html

松岡正剛の千夜千冊『伝奇集』ホルヘ・ルイス・ボルヘス

伝奇集 (岩波文庫)

伝奇集 (岩波文庫)

  • 作者: J.L. ボルヘス
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 文庫

J.L.ボルヘスはいかがですか?私は大好きです.

◎質問者からの返答

戴いたURLの文章を読むに、感覚的で分裂的(語弊は在るかもしれませんが)なようですね。参考にさせていただきます。

有難うございました。


2 ● actual
●85ポイント

予告された殺人の記録 (新潮文庫)

予告された殺人の記録 (新潮文庫)

  • 作者: G. ガルシア=マルケス
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

おすすめ度☆4つ

◎質問者からの返答

有難うございます。サスペンス、だけでは済まなそうな小説ですよね。


3 ● goooooo
●110ポイント

夜になるまえに―ある亡命者の回想 (文学の冒険シリーズ)

夜になるまえに―ある亡命者の回想 (文学の冒険シリーズ)

  • 作者: レイナルド アレナス
  • 出版社/メーカー: 国書刊行会
  • メディア: 単行本

ラテンアメリカ/集英社ギャラリー「世界の文学」〈19〉

ラテンアメリカ/集英社ギャラリー「世界の文学」〈19〉

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 単行本

失われた足跡 (集英社文庫―ラテンアメリカの文学)

失われた足跡 (集英社文庫―ラテンアメリカの文学)

  • 作者: カルペンティエル
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 文庫

ラテンアメリカ文学ってむちゃくちゃに書いているようで、結構リアリズムらしいですね。

1なんかはさらっとびっくりするような事書いていてびっくりします。

◎質問者からの返答

はい、かなり緻密に書かれているように思います。

ところで女流作家はやはり少ないのでしょうか。


4 ● r21spro
●70ポイント

「集英社版ラテンアメリカの文学全18巻」

とにかく上質のラテン文学の基本的作品は、この全集

にほぼ収録されています。ただ残念ながら品切状態

なんですが、大抵の図書館には全冊あると思います。

私のオススメは3巻カルペンティール・失われた足跡

8巻コルサータル・石蹴り遊び、17巻バルガス・リョサ、ラ・カテドラルでの会話などですが、全巻

読めばラテン・アメリカ文学通になれることうけあい

です。

◎質問者からの返答

カルペンティールの「失われた足跡」をお薦めされたの、もう二人目ですね。書評もあらすじもなく判断しかねていたのですが、やはり良いのでしょうか。


5 ● christie
●100ポイント

伝奇集 (岩波文庫)

伝奇集 (岩波文庫)

  • 作者: J.L. ボルヘス
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 文庫

エレンディラ (ちくま文庫)

エレンディラ (ちくま文庫)

  • 作者: ガブリエル ガルシア・マルケス G. ガルシア・マルケス
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • メディア: 文庫

上記2冊と、『ラテンアメリカ怪談集』(河出文庫 1990年刊行)が面白かったです。なかでも、ボルヘスの『伝奇集』で触れた世界は強烈! 独特の、ミステリアスな面白さに魅惑されました。

◎質問者からの返答

エレンディラはラテンアメリカらしい神話的な世界観があるようですね。

有難うございます。


1-5件表示/19件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ