人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ダイナミックルーティングでEIGRPとrip version2のメリット、デメリットを教えてください。 仕様一覧を並べるだけなのは遠慮してください。

●質問者: s_genjou
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:RIP なのは クルー デメリット メリット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● aki73ix
●130ポイント

http://dbn-club.com/lecture/0308.html

http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/rensai/iprt01/iprt01.html

ルーティング・プロトコルの役割を理解する

RIPはホールドタイムやガベージコレクションの制約によって経路情報の収束に時間がかかります、その反面実装が容易で、トリガアップデートの実装により問題点が多少解決されています

リング状のネットワークでは経路情報のループが発生するためあまり複雑なネットワークで使用するのは良くないです、またフレーム・リレーを使っている場合はスプリットホライズンが有効になっていると経路情報が正しく伝達できない問題があります

それに対してEIGRPはフローティングスタックの切り替わり時間が非常に早いのが特徴です

コンバージェンス特性と運用効率非常によく近接するルータ情報を自動判別し、経路情報を交換するためRIPのようにネットワーク全体の情報を把握する必要が無く拡張性にも優れています。その反面ネットワーク全体にDoS攻撃を助長しかねないと言う問題点が浮上しています

・ネットワークトポロジーの変化したとき経路情報更新される

・複数経路を使用して負荷を分散

・可変長サブネットマスク、メトリック部分更新、複数ネットワーク層プロトコルのサポート

などが特徴です

欠点としてはCisco独自のディスタンスベクター型プロトコルなのでCiscoルータ同士じゃないと使えないことでしょうか

http://www.soi.wide.ad.jp/iw2001/slides/24/24-1/index_11.html

参考

◎質問者からの返答

なるほど、CISCOルータを使用するのであれば、EIGRPのほうが良いんですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ