人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「新しい世紀・新しい始まり」について考えること

たとえば、平和・地球の環境問題・日本の教育・自分の住んでいる地域社会などについて、考えてみてください。

注意&お願い
? ホームページを探している場合ではありません。
? ホームページからの抜粋もやめてください。
? 真面目に書いてください

たくさんの方の意見が聴きたいのでよろしくお願いします。

「注意&お願い」をまもって回答していただいた方には、必ずポイント差し上げます。

●質問者: simso
●カテゴリ:政治・社会 旅行・地域情報
✍キーワード:ホームページ ポイント 地域 地球 差し
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/16件

▽最新の回答へ

1 ● RCV74
●14ポイント

http://d.hatena.ne.jp/RCV74/

平和について。新しい世紀には宗教というものは必要ないとおもいます。昔は生活の中心であったかもしれませんが、今世界で心からカミサマの存在を信じている人がどれだけいるでしょうか?むしろ戦争の火種です。強い精神力をもって生きていけば全く必要のないものです。

◎質問者からの返答

宗教は、思いつきませんでした

ありがとうございます


2 ● Idea-Marathon
●14ポイント

http://www.idea-marathon.net/

Welcome to the Official Website of Idea Marathon System

上記はダミーです。

私は教育問題を訴えます。

まだ小学校の子どもを持つ父親は、子どもの教育に父親としてもっと積極的に実行する必要があるということは分かっていますが、現実にどのように始めればよいかの確信を持てないでいます。

(1)私は、3人の息子たちを海外で、それも日本人学校も無い、日本語を学べない国で、両親が直接子どもたちを教える環境で、つくづく父親が、母親と協力すれば、子どもたちには学校と違った強力な家庭教育としつけを実行することが可能だということでした。

(2)大きなヒントは、父親が母親と一緒に、あるいは母親を動かして、毎日少しでも、家庭教育を実現できれば、子どもたちと両親の間の関係は、大きく変わります。

(3)父親は、会社の仕事のノウハウを、子どもたちの教育に応用できます。ダンドリも、プロジェクトの進捗のモニターも、家庭教育のほうがシンプルです。ところが長く放置してしまうと、家庭教育の不備は、非常に深刻な問題を引き起こします。

(4)父親が家庭教育の全責任を取ることを宣言し、学校教育と並行して進めることが理想的です。

(5)それぞれの家庭では、それぞれの状況に合わせて、父親が計画を練って、毎日少しでも、家庭教育を進めてください。週末のゴルフを少し減らしてでも、子どもたちと一緒にいることだと思います。

(6)子どもたちに勉強をさせるのではなく、両親が子どもたちと一緒に勉強をすることが最も自然です。両親の勉強は、小説を読んでいても、手紙やエッセイを書いていても良いのです。子どもたちと同じテーブルで勉強をすることを、「円卓の学習」と呼びます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます


3 ● risa1984
●14ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

このままでは、きっと日本は、いや地球は

破滅の方向に向かっていってしまうのでは

ないかと考えています。

この状態を改善していくためには、

技術の進歩うんぬんもありますが、

一人ひとりが自分の事しか考えないという

自己中心的な考え方を捨てるべきだと思います。

(人間に対してだけではなく)

もし、それができた時、何かが変わり

新しい始まりとなるのではないでしょうか?

◎質問者からの返答

みんなのことを考えれば争いは起きないはずですよね!


4 ● mocchi_love
●4ポイント

http://www.hatena.ne.jp/awindow?qid=1091890028

宗教テロリスト・北朝鮮とどう向き合うか

生産性を維持したまま温暖化を食い止めるにはどうすればいいか

そんなことを考えてみた

◎質問者からの返答

もっと詳しく自分の意見を書いていただけるとうれしいです


5 ● kouran
●14ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1091890028#####

「新しい世紀・新しい始まり」について考えること たとえば、平和・地球の環境問題・日本の教育・自分の住んでいる地域社会などについて、考えてみてください。 注意&お願.. - 人力検索はてな

意見ということで、URLはだみーです。

<平和>

出身が原爆が落とされた県なので、小・中学校の時代、原爆が投下された日は、登校日で原爆についての映画を集会で見て、平和集会をしていた記憶があります。

原爆が投下されたことを肯定するわけではけっしてないけど、そうなってしまった(そうされてしまった)ゆえんは、日本が巻いた種にあると思う。その歴史的背景を日本では余り教えない。中国大量虐殺・生物科学兵器を作り人体実験をしていたことなど。

現在、北朝鮮などの核問題が取り上げられているけど、日本とアメリカが引き金になっている気がします。

日本の過ちは過ちとしてそして、戦争の悲惨さもなどを後世に伝えないと平和は守れないと思う。

地球の環境問題

年々、温暖化が進んでいるのに余り実感がない気がします。たしかに、今年の猛暑は異常だと思うし、出来ることって何があるんだろう?

日本の教育

例を取って考えると、長崎県佐世保市で起こった殺傷事件。小学校でもインターネットの時間が導入され、現場の教師たちがどこまでネットのエチケットを教えているのかな?と疑問に思っている。

地域社会

私のところは,市町村合併で揺れている。

国の政策には逆らえないから、合併するしかないんだろうけど、お年よりは町の名前などに愛着を持っている人が多く、反対する人が多い。

若い世代には、余り関心がなくてどっちでもいいっという中間があまりない。

◎質問者からの返答

ありがとうございます


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ