人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

広告デザイン(DTP)の仕事をしている人に質問です。
企画力、表現力を磨く為に役立つと思われる技法書、影響を受けた作品集など、今後の仕事に役立つ書籍を探しています。

フォトショップ・イラストレーターなどの技法書や、レイアウトの基礎講座、写真集、作品集、商品写真などをより良く見せるための補正術など、仕事に役立つと思われるものならなんでも構いません。
生涯手元に置いておきたいと思わせるようなものがありましたら教えてください。

●質問者: jmos
●カテゴリ:コンピュータ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:DTP イラストレーター デザイン フォトショップ レイアウト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 14/14件

▽最新の回答へ

1 ● tebas1970
●20ポイント

http://www.mdn.co.jp/

Webデザインとグラフィックの総合情報サイト - MdN Interactive - TOP

私の場合、分厚い技法書等は全く読む気が

起きないので、買いません。

MdNは、実践に基づいているので、愛読しています。

これは雑誌ですが、特集ごとにまとめた本もたくさん出ています。

http://book.mycom.co.jp/mook/68395-94-02/68395-94-02.shtml

http://book.mycom.co.jp/mook/68395-58-02/68395-58-02.shtml

これらは、イラレ、フォトショップを覚えたての時に買ったもので、

著名なクリエイターの方が実際にどのように作品を作っているか、

その過程を細かく説明しているものです。

普通の技法書には載っていない裏技や、その人ならではのテクニックも書いてあります。

かなりマネしました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

MdNは参考になりますね。

定期的に本屋に行く習慣がないので買っていませんが。

MacFanのムック本があるのは知りませんでした。

これは欲しいです。


2 ● ktaguma
●60ポイント

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/4110e6bacf6700...

オンライン書店ビーケーワン:DTPの智慧袋 座右版 ぽろりと、目からウロコが落ちる

「文字を組む」とはどういうことかがわかります。

「文字を組む」とは「文字を並べる」とイコールではない、と言うことがわかる本です。

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/4110e6bacf6700...

オンライン書店ビーケーワン:グラフィックデザイナーのためのレイアウトデザインの法則

これはグリッド概念とグリッドを崩す崩し方が学べます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/489444187X/qid%3D109231...

Amazon.co.jp: 日本の文字組・表組デザイン―目次から本文のデザインまで: 本: Pie Books

日本のデザインをするならば、参考にはなります。

仕事場に行けば、もう一冊ドイツのデザインの本をご紹介出来ますが、締め切りになっていなかったら、また明日ご紹介します。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

どれもこれも喉から手が出るほど欲しい本ばかりです。

グリッド概念とグリッドの崩し方、デザインをやってると一度はぶつかる壁かと思います。

文字組み、表組、いろいろな物を参考にはするけれど、今一番正解に近い解答はコレ!というものを参考にしてみたいというのは常々感じています。

適当な値段で手に入るといいけど…。


3 ● ajime
●10ポイント

http://www.kanshin.com/index.php3?mode=keyword&id=29519

Illustrator Drawing Technique 200 基礎編 (イラストレータ・ドローイング・テクニック・ニヒャク・キソヘン) - 関心空間

URLは関心空間のものです。もう既出かもしれませんね。

「Illustrator ドローイングテクニック200基礎編」

いつ応用編が出るのでしょう、、、。(爆)

内容は5.5を前途としているのですが(それくらい古い本)イラレでDTPをやる人すべての人に読んでほしいです。ぶっちゃけ僕もこの本のさわりしかやってないのですが、それでもこのほんの心構え、考え方がこの7年ほどのDTPに関する仕事をやっていくうえでものすごく役に立ちました。

プロとしてやっていくためにはこれだけの気構えが必要なんだな、と思ったものです。実際にはもっとぬるい現場ばかりでしたけど。

◎質問者からの返答

心構え、考え方が学べるというのは技術以上に大事な事かもしれないですね。

デザインの仕事って、どんなクライアントのどんな仕事でも、自分の心持ち次第で仕事の質をいくらでも高められるっていうところが好きです。

でも製作の人って意外と他人にはぬるい人が多いんですよね。

この本を読んで叱られてみたいです。


4 ● procsh
●20ポイント

http://www.cbook24.com/bm_detail.asp?sku=4839907382

座右版 DTPの智慧袋 コンピュータ書籍専門ネット書店 cbook24

僕はこれですね(^-^)

◎質問者からの返答

「DTPの智慧袋」2票入りましたね。

連休中になんとか手に入れたいです。


5 ● whoever
●25ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1887424717/250-4128219-...

Amazon.co.jp: Icon: A Retrospective by the Grand Master of Fantastic Art: 洋書: Frank Frazetta,Arnie Fenner,Cathy Fenner

まず最初に質問に対しての答えとしては方向が間違っているかもしれない事をお許しください。

表現力の為の技法書やアプリの解説書はきっと他の諸先生方が例示してくれるでしょうから、私はそれ以前の部分、構図や力感を感じる為と目的へのアプローチを得る為に作家の画集をお薦めいたします。

上記アドレスはフラゼッタです。未所有の本をお薦めするのは抵抗がありますが、一例と言うことでご容赦を。

しかし実際に、駆け出しのデザイナーだった時から今に至るまでフラゼッタのイラストに学ぶ事は多かったですね。直接に方法論を学ぶのではなく、漠然としたインスピレーションも含めて、これらの画集は仕事に役立つと思われますがいかがでしょう。

◎質問者からの返答

「構図や力感を感じる為と目的へのアプローチ」

実はこの質問をするきっかけがそれでした。

先輩デザイナーから、自分の表現が弱いと指摘されてから、デザインの強さというのを最近良く考えています。

デザインの強さは、デザインの巧さとは違うんですよね。

奇麗にまとめたり、理解しやすい構成を作る以上に、インパクトが要求される事もあります。

それが色使いなのか、レイアウトなのかは分からないですけど、狼少年のように、まわりに「またか」と思われないためのデザインをするためには、もっとたくさんの洗練と、インスピレーションが必要だと感じています。

ありがとうございます。参考にします。


1-5件表示/14件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ