人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

高校1、2年生ぐらいの学生で、なんとなく中堅以上の大学(あわよくば難関大学)に行きたい、と思っている人で、今のままだと到底そんな大学いけないくらいの勉強しかしていない人に、自覚を身につけさせるうまい方法はないでしょうか?

・「自我を尊重するのが一番」程度の回答は不要です。この回答を大前提に捉えて「そうはいっても親は不安なもの。何かいろんなアイディアが欲しい」と思っている親に提示できるアイディアを募集します。
・「短期的な努力からは刹那的な快楽しか身につかない。長期的に努力することで大きな果実を手に入れることができる」ということを伝えられるものが欲しいです。そういう事例を紹介したHPをご紹介いただいても構いませんが、あまり有名人(偉大)すぎると高校生が自分の身に置き換えることができませんので、「へえ、これくらいの果実を得るのでもコツコツ努力しなきゃいけないんだ」と捉えられるものが欲しいです。
・「なるほど!」と思えるものについては100ポイント程度、ないしはそれ以上差し上げることも考えています。

●質問者: terasake
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:うまい アイディア ポイント 不安 刹那的
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● kazooo3
●10ポイント

http://headlines.yahoo.co.jp/

Yahoo!ニュース - 新聞・通信社などが配信する時事情報のヘッドラインサービス

URLはダミーです。

えーと、とても簡単すぎてお気に入らないかもしれませんが、全国統一模試などで自分が現在どれくらいの位置にいるかを数値として見せ、偏差値から現状ではどの位の大学まで狙えるかをリアルに教えるのがいいのではないかと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

書ききれませんでしたが…実は偏差値などの「客観的な数値を見せる」は、すでに私自身が何人かの親御さんに提示したんですが、それでもやらない人はやらないようです。そもそも「大学に行きたい」事自体が漠然とした思いでしかない高校生では、それすらも余り説得力がないようなんです。

でも、「やはり客観的なデータは大事ですね」と自分の意見を後押しするものにはなりました。ありがとうございます。


2 ● jo-raku
●10ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4770405510/qid%3D109245...

Amazon.co.jp: "疾風"大二郎の快走録―熱球悲願: 本: 大石 大二郎

まさに自分自身が浪人するかどうか決めた時読んだ本です。

実際は全く大石氏とは反対の選択肢を選んで、浪人して旧帝大に合格しました。現役時代(高校3年)は、共通一次試験(当時は1000点満点)で600点も取れず、当然国立は受かりませんでした。反面、国家公務員に採用されていたのですが、「同級生がほとんど大学に行く中で高卒で良いのか?」という親の一言と、この本の中で大石氏が浪人すべきか?悩んだ部分が重なり、思い切って浪人を決めました。

当日から1日10時間は机に向かい勉強しました。7月には統一テストで名前が載るようになり、夏以降は1日3時間程度の勉強で普通に大学に受かりました。どこかで一度思い切って時間を勉強に使い、授業などでわからないところを徹底的に考える時間の余裕を持てるようにすることが受験勉強で重要かな?と私は考えています。

参考になれば幸いです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。本の内容が紹介されているとなおよかったんですけどね(HPに)。

言い方は悪いのですが、「親が子どもをバカにしたような口調で大学進学の難しさを話す(今のお前のままで行けっこないよ、と突き放すとか)」のも大切なのかな、と思っています。


3 ● きゃづみぃ
●10ポイント

http://www.asahi-net.or.jp/~kr2m-nti/wound/next/dokusho55.htm

モーニング連載のドラゴン桜を読むといいかと思います。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063289095/qid=10924559...

Amazon.co.jp: ドラゴン桜 (1): 本: 三田 紀房

◎質問者からの返答

すいません、知ってました…

個人的には、ドラゴン桜に書かれていることは良いものなんですが、あれを「実践」できるようであれば、最初からやってる、と思うんですよね。

結構簡単にできそう(誰でもちょっとした努力や頭の切り替えで東大に入れそう)な方法論が書いてありますが、さていざ高校生があの方法を実践するかというと、しないような…。

方法論を伝える意味では良い本だと思いますが、もう少し直接的に発奮させるものが欲しいですね…。


4 ● aki73ix
●20ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1058751388

将来の目標もしっかり立て、勉強に集中できる環境も作り、やる気も充実していますが、いざ勉強しようと思うと、強烈な拒否反応がでてしまい全く勉強ができません。この拒否.. - 人力検索はてな

http://www.st.rim.or.jp/~k-kazuma/ED/ED215.html

自分の将来目標が見付けられる機会を提供する

ちょっと別のサイドから・・・

勉強してる人でも、将来の目標が決まって居ない人は、大学に入って『何でこんなに勉強してきたんだろう』という状態に陥ってしまいます

そこで、その高校生が、実際に将来何をしたいのか、何になりたいのか、もし決まっていないのであれば、興味を持つことを引き出してあげる必要があると思います

もし、興味を持っているのであれば、それを社会人になって実現するためのプロセスを具体的に示してあげる必要があるのではないでしょうか?

漠然と、いい大学に入りたいというのも、入ってからの将来像が全く見えてこないので、勉強する気にならないのだと思います

長期的な展望が見えない限り、普通の人は、長期的に頑張ってみようとは思えないですよ^^;

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

「実際将来あなたは何がしたいの?」という質問に対し、そこから考える高校生も、これまた少ないのも現状だと思っています。

一方で、そこから考えさせる方向に持って行くには、やはり教える方(親)に「多くの引き出し」を用意してもらうしかないかもしれませんね。

「知性の泉」は興味深く読みました。非常に説得力のある文章ですね^^

最後に。今の高校生を見ていると「ないものねだり」も多いなあ、と感じています。長期的な目標…医者になりたい!というのがとくに増えていますが…はあるのに、それに向けて知識を植え付けることをしない。では、それをさせるには?というのを常々考えています。


5 ● fugou
●10ポイント

http://www.chiiku.com/

夜寝る間際の時間を活用します。この時間は潜在意識が創造される時間でもあります。この時、鏡に本人の顔を写し、眉間に向かい「お前、勉強すきになる」と強烈に一言いいます。そしてすやすや寝てしまいます。そうすると、自然と勉強好きな性格になって行きます。勉強好きになれば、成績など自在にできますよ。真剣であればあるほど、速効性があります。多くの成功者はこの手を使っています。イチローも使っています。彼の場合は野球ですが。

◎質問者からの返答

なるほど。面白いですね。こういう方法も参考になります。

知り合いに、寝る前に「今年の目標は年商1億!」と必ず言い聞かせてから寝る方がいらっしゃいます。「今までこれで成功しなかったことはないので、きっと今年も大丈夫だと確信している」と。

自分を成功に導くベクトルをどう持って行くか、それも自分で考える(工夫する)ことは大切ですね。


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ