人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

《キャンプ・ソング》の曲名・作詞作曲者などの索引を探しています。
1954年ごろ発行された《キャンプ・ソング》が手に入れば、ほぼ解決
するのですが、粗末な石版印刷なので、商品価値がなさそうです。

検索語を Camp Song《Tell me why》《Day is Down》《Deep River》
とすると、Google= 6,320件、Yahoo!=18,174件で、多すぎます。
(はてな=過去の質問にも「キャンプ・ソング」は、ありません)

そこで“Camp Song → キャンプ・ソング”に代えると、Google= 0、
Yahoo!= 9件となって、まったく見当ちがいのサイトが紹介されます。
(アマゾンで検索される 3冊も、上記の曲目を含んでいません)

この質問は「書籍としての情報」だけでなく「検索の現状」について、
みなさんの議論をもとめています。その成果は、わたしのダイアリーに
書きつぐ予定です。(一人2回答まで、〆切は72時間後です)

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20040817

●質問者: adlib
●カテゴリ:コンピュータ 学習・教育
✍キーワード:1954年 DEEP Google Tell me Why
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● ぶどううり・くすこ
●50ポイント

http://opac.ndl.go.jp/Process?MODE_10100001=ON&SEARCH_WINDOW_INF...

国立国会図書館 NDL-OPAC

国立国会図書館で検索した所、この2冊の存在が確認されました。

英語による検索と日本語による検索ではどうしても差異がでる場合があると思われます。

外国由来の事象を検索する場合、どうしても日本語(カタカナ語含む)に変換されていないと検索に掛かることは無いかと。

ですので現状では書籍検索の際には汎用検索エンジンだけではなく、専用検索エンジンも視野にいれて置かざるを得ないかと思われます。

http://opac.ndl.go.jp/Process?MODE_10100001=ON&SEARCH_WINDOW_INF...

国立国会図書館 NDL-OPAC

◎質問者からの返答

かねがね国会図書館では、きわめて詳細なデータを要求されるので、

「そこまで知っていたら、訊ねるまでもない」と考えていました。

にもかかわらず、このたび2冊を検索していただき、感謝します。

残念ながら、曲名が分らないので、わたしが掲げた3曲が収録されて

いるかどうか判別できません。この件はともかく、検索の入力フォーム

は、いずれ他のケースで役立つと思います。ありがとうございました。


2 ● ojizosama
●30ポイント

http://www.cameron.edu/~mikel/campsongs/campsongs4.html

これがお探しの曲かどうか分からないのですが、例えばgoogle検索で

”CAMP SONG”+”TELL ME WHY”

とすると上記のアドレスにたどり着きます。

まずは検索のオプションやヘルプを研究されてみてはいかがでしょうか。

◎質問者からの返答

>google検索で”CAMP SONG”+”TELL ME WHY”とすると<426,000件、

この中から、あなたが如何にして「上記のアドレスに」たどり着かれた

のかを、教わりたかったのですが……。


3 ● idetakato
●60ポイント

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sumire/8808/cub/BS-Song/

ボーイスカウト・ソング集(音楽)

私も「キャンプソング」が大好きです。それは、少年時代に「ボーイスカウト」に入っていまして、何十回とキャンプに行き、そこで歌ったのが楽しい「キャンプソング」だったからです。そこで「ボーイスカウト ソング」で検索してみました。すると

↑上記のページが見つかりました。ご参考までに。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sumire/8808/cub/BS-Song/bss...

Sucout Song-C

ここに「キャンプソング」が入っています。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sumire/8808/cub/BS-Song/bss...

Sucout Song-D

ここにも「キャンプソング」が入っています。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sumire/8808/cub/BS-Song/bss...

Sucout Song-E

ここにも「キャンプソング」が入っています。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sumire/8808/cub/BS-Song/bs-...

BS-PB Song

ここにも「キャンプソング」が入っています。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sumire/8808/cub/BS-Song/son...

songs.htm

ここも「キャンプソング」として参考になるかと思います。

◎質問者からの返答

たしかに「ボーイスカウト・ソング」を思いつく、発想の転換が必要

ですね。おかげで、わたし求める曲も、半数ちかく発見できました。

時代や世代によって、かなりプログラムが変遷していたのですね。


4 ● aki73ix
●70ポイント

http://www.backyardgardener.com/loowit/song/song80.html

TELL ME WHY , Campfire Songs, YMCA Camp Loowit

Tell Me Why the Ocean is blue?

といってるのはこれのことだと思います

http://www.backyardgardener.com/loowit/janeellen.html

Mt. St. Helens, Campfire Songs, YMCA Camp Loowit

こちらにYMCA Campfire songというのがあるのでこれでしょう

こういった、本の場合は結構図書検索を利用すると見つかるのですが・・・

あと日記にかかれていた

[Day is Down]は別の曲のようなのですがりソースがみつからないので、ヒントのためにも示して頂けると助かります

ちなみにこの曲は YMCA Camp Loowitのcampfire songsのようですが ちゃんとした本とは出てないような感じですね

http://www.backyardgardener.com/sitemap1/songsite.html

キャンプファイアーの歌の索引です

http://www.r-vcr.com/~pastmasters/catalog5/PM855.html

PM855 Spirituals

Camp song にDeep River が収録されているものです。残念ながらCDですが伝統的な黒人のキャンプの歌のようですね

ちょっと色々見てみたのですが”day is down”というフレーズ自体あまり使うことが無く、歌になるとキャンプの歌に限らず1曲もないようです、少し間違いがあるのかもしれません

◎質問者からの返答

《Tell me why》をはじめとする名曲の、それぞれの作者が誰かという

ことも知りたかったのですが、意外に分らないことが多いようですね。

(ボーイスカウトとともに「YMCA・ソング」もあったのですね)

《Day is down》は、ご紹介くださったサイトに存在していました。

日々の終わり(就寝直前)に、厳粛な気分で歌った曲です。

http://www.backyardgardener.com/loowit/song/song21.html

《Deep River》は、有名な黒人霊歌とは別の曲なのです。

Peace, I ask of the O’river, peace, peace, peace, ... (REf.)

Faithful, Faithful, Faithful, ...(以上、うろおぼえのママ)


5 ● idetakato
●40ポイント

http://my.yahoo.co.jp/

My Yahoo!

URLはダミーです。

先ほど「ボーイスカウト ソング」で回答させて頂いたidetakatoです。

>この質問は「書籍としての情報」だけでなく「検索の現状」について、みなさんの議論をもとめています。

につきまして、私の感想を一言、おそらく「キャンプソング」という定義が、まちまちで、実は公に(又は一般的に)確立されていないのだと思います。つまり、本来「キャンプソング」という音楽のジャンルがあるのではなく、キャンプで唄って、気分が乗る音楽、ピッタリと雰囲気が合う音楽が唄い継がれて、なんとなく「キャンプ」で唄われる曲を「キャンプソング」としてとらえているように思います。従って「キャンプソング」と言った時、人によってかなりの温度差が生じるのが、検索しづらい状況になっていると考えられます。しかし「ボーイスカウト ソング」は、日本にもきちんとした団体があり、そこで唄い継がれてきた唄を「ボーイスカウト ソング」という比較的ボーイスカウトの世界では、ポピュラーなものになっています。そしてその「ボーイスカウト ソング」の多くは、キャンプファイヤーなど、キャンプ地で唄う曲を多く有しているため、むしろ「ボーイスカウト ソング」で検索した方が「キャンプソング」を見つけ易いのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

ボーイ・スカウトのキャンプで歌われた「ソング・ブック」の定義は、

わたしも同感です。さらに加えるなら、キリスト教(プロテスタント)

の青少年教育(YMCA)が基盤だったのでしょう。

たぶん最近は、このような宗教的背景から解放され、いわば同時代の

愛唱歌(POPS)が主力になったと思います。それ自体はよいとして、

かつての“厳粛な名曲”が忘れられつつあることを惜しんでいます。

わたし自身は無神論者ですが、中学時代のキャンプで、これらの名曲

を賛美歌とあわせて、連日連夜うたった経験が忘れられないのです。

(Myダイアリー《キャンプソング目次》&《一宿一飯》につづきます


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ