人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本のミステリーです。
内容は、殺人事件がおこるのですが、
そこにいた主人公が殺人を阻止しようといろいろ画策しても、かならず殺人は起きてしまう。そして、一晩寝る(階段から落ちて頭をうったような)と必ずその日に戻ってしまいます。
こわれたレコードのようにその日は繰り返されて、彼がどのようにしても必ず殺人が起こってしまい、その時間の流れから、永久に抜け出せないような気がしていると、
ある時、時間が進んで翌日を迎えることが
できる、、、。というようなお話でした。
ここ2、3年以内位のものかと、思います。男性の作家だと思います。よろしく。

●質問者: ojaoja
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:お話 ミステリー レコード 作家 殺人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● toukaidou
●50ポイント

七回死んだ男 (講談社文庫)

七回死んだ男 (講談社文庫)

  • 作者: 西澤 保彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

西沢保彦の「七回死んだ男」じゃないでしょうか。ここ2,3年の小説ではないですが、類似点が多いです。

◎質問者からの返答

読んでみないとなんともいえませんが、

たぶんこれだと思います。題名も全然覚えていないので、、、。ボケてきたのかも。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ