人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

子どもの夏休みの宿題で(今頃^^;)
『たまごを酢に浸けて放置すると殻が解けるのは何故か』と言うものを自由研究にしているのですが、調べたところ酢の効用は殆どが健康やダイエット、掃除で成分は化学式ばかりで難しいのです。
酢の溶解性(あってるかな?)などが小中学生にでも理解出来る内容のサイトをご存じないですか?


納得の出来る情報をご提供いただけた方には200ポイント進呈いたします。
よろしくお願いします。

●質問者: takarin
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:たまご サイト ダイエット ポイント 健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● moonface
●30ポイント

http://plus.naver.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=8&docid=2763...

無料ゲーム・オンラインゲームのハンゲーム - 知識plusで全てが解決!

まだ難しいですかね?

◎質問者からの返答

ありがとうございます。まずはブックマークを。


2 ● かぴ
●100ポイント

http://www2d.biglobe.ne.jp/~chem_env/private/ex_egg.html

なんでもかんでも実験1

なぜ卵の殻(の成分)が酢にいれることでとけてしまうのか、ということですが

やはり化学反応式での説明が必要かと思います。

ので、それを記述しているサイトを。

概要としては水に溶けない炭酸カルシウム(卵の殻)が酢酸(酢)と反応して、

水に溶ける酢酸カルシウムができてしまうということです。

その後のこの反応の意味と溶け残った皮についての説明も興味ぶかいですね。

◎質問者からの返答

既にいただいた情報でした。

ありがとうございました。


3 ● aki73ix
●10ポイント

http://www.marukan.com/health/ippan06.html

一般的な質問

ここに詳しくあります

卵殻の構成成分は大部分が炭酸カルシウム(CaCO3)で、他に炭酸マグネシウム、リン酸カルシウム、その他微量の有機物、微量の水分が含まれます。

この炭酸カルシウムはそのままでは水に溶けませんが、食酢に含まれる酸(有機酸)の主成分である酢酸(CH3COOH)と反応して、酢酸カルシウム((CH3COO)2Ca)になります。この酢酸カルシウムは水に溶けるのです

つまり分かりやすく言うと、酸である御酢が卵の殻と中和反応を起こして

(炭酸は酢酸よりも弱い酸であるので強い酸に置き換わる中和反応が起こります)酢酸カルシウムになりますこれが、水に溶けて卵の殻が解けるわけです

直接酸で解けたと考えるよりも、たまごのからの上で化学反応が起きて水に溶けるものに変化したとすれば分かり易いかと思います

◎質問者からの返答

ちょっと子どもには難しいかも…。

ありがとうございました。


4 ● okamu333
●30ポイント

http://homepage3.nifty.com/Kume/naru/004/naru004.html

インターネット版【なるほどの森】Vol.4

こちらで卵の殻を溶かす事や、その他の実験の事が書かれています。

http://www.marukan.com/health/ippan02.html

一般的な質問

こちらでも酢のいろんな疑問が解説されています。

先ほどのHPと合わせて酢に関してはもちろん、

いろんな方向からの研究の課題が見つかるのでは?と思いました。

◎質問者からの返答

2件目は既出サイトでした。

ありがとうございました。


5 ● mediologique
●30ポイント

http://homepage2.nifty.com/40071/kagaku/students/file2/2.htm

これとか。

http://www.hi-net.zaq.ne.jp/t-nishi/sentaku/puyopuyo/puyo.htm

プヨプヨ卵

これ。

◎質問者からの返答

情報ありがとうございました。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ