人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社に勤めながら海外に留学している人間が日本に住民票をおいているのですが、それでも税では非居住者となるのでしょうか
?その際、二つの会社から給与をもらったため確定申告を行う必要があるのですが、日本にいない場合はどうするのでしょうか?

●質問者: ahiruzuki
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:人間 会社 住民票 海外 留学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● henriainai
●15ポイント

http://www.interq.or.jp/world/naoto/benricho/tax.html

日本の所得税 住民税 非居住者 確定申告 課税対象者 Tax Taxation

日本の住民税は;

1月1日現在居住していて、前年に課税対象となる収入があった人が課税を受けます。

なので、1月1日に住んでいたところが日本で税金がかかるかかからないかの判断基準になります。海外で住んでいた証明ができ、(パスポートなど)且つ、その場で実際に生活をしていたといえれば、日本に住んでいたときの区役所、市役所などに、海外にいたので といえば住民税は発生しないはずです。 また、日本の所得税も日本国外にいる期間が6ヶ月以上であれば発生しないので、ahiruzukiさんがどれぐらいの期間海外にいるかによって、その辺は変わってくるかと思います。ようするに日本国外に年間のうち、6ヶ月以上いるのであれば税金を払う必要はなくなるかと思います。無論、その場合いま、住んでいる国に税金を払う義務が生じるかと思います。

◎質問者からの返答

今年の4月から留学しているのですが、それならば今年は住民税は払わなくてはいけないけれど、所得税は払わなくて良い、ということですか?所得税を日本で払うことも可能なのでしょうか?


2 ● BizNegotiator
●15ポイント

http://www.taxanser.nta.go.jp/1920.htm

タックスアンサーホームページリニューアルのお知らせ

海外出向時の所得税についてのサイト

参考にしてみて下さい。

http://www.arknext.com/flight/qanda3.html#06

アークEFI航空情報センター Q&A3

まさにこんなケースだと思います。

これも参考にしてみてくださいね。

◎質問者からの返答

なるほど、ありがとうございます。


3 ● Crayon
●20ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

URL はダミーです。

>海外にいたので といえば住民税は発生しないはずです。

これはあやしいです。

日本は属地主義のため、居住者/非居住者の区分が税務上非常に重要です。

居住者/非居住者の区分とは住民票です。

海外居住とするためには、役所に国外移住届を届ける必要があります。

180日という課税判断基準は確かにありますが、住民票を残しておいたまま海外に6ヶ月以上滞在しても、日本居住の旅行者になると思います。

◎質問者からの返答

そうですか、ありがとうござました。


4 ● henriainai
●20ポイント

http://www.hpcanada.net/junbi05.html

カナダ留学バンクーバー留学の費用を半分にする方法 役所届け

上記のページをみる限り、今年の4月から今年一杯、海外にいるならば、いま、いる国の日本領事館に、在外届けをだし、且つ、6ヶ月以上日本国外にいれば、本年度分の住民税も、所得税も支払いをさけられるかもしれません。

http://www.geocities.com/Tokyo/Bay/1211/tax_j1.htm

海外駐在員の日本の税金

また、次年度の1月1日、住んでいるところが日本国外であり、日本に戻って6ヶ月以上日本に来年累計でいたとしても1月1日の住所をベースに住民税が決まるので、来年も住民税は払わなくてもすむはずです。

◎質問者からの返答

そうなんですか、ありがとうございます。助かりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ