人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

宮本輝、宮尾登美子の小説が好きです。わたしも!という方にお訊ねします。日本文学限定で、あなたの好きな作家とお薦めの作品を教えてください。物語性に富み、日本語が美しく、人間味あふれ、かつ作家の深い洞察力を感じることのできる本を読みたいです。お願いいたします。

●質問者: toyapakeh
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:あなた お薦め 人間 作家 宮尾登美子
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 24/24件

▽最新の回答へ

1 ● asamesi
●12ポイント

http://www.taitocity.net/taito/ichiyo/

一葉記念館(樋口一葉)

樋口一葉「にごりえ」「たけくらべ」

朗読で聞くと一葉の日本語は素晴らしいです、貧しさ、豊かさ、双方を知っている一葉の洞察力は全く古びていません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

いいですね。彼女の作品は、何度音読しても飽きることなく味わい深いです。また読みたくなりました。

そろそろ、おそなつ。暑い日が続くとはいえ、秋の気配も感じられるようになってきました。来たる秋の夜長に備えて、似たような嗜好をお持ちの方のお薦めの本を読みたいと思っています。

できればISBNも記入していただけると幸甚です。


2 ● kouran
●12ポイント

なよたけ

なよたけ

  • 作者: 加藤 道夫
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • メディア: 単行本

加藤道夫の「なよたけ」が、好きです。

演劇の台本ぽい書き方になっていますが、所々に出て来る詩が、純粋で好きです。

下記に書いたのは、「なよたけ」で書かれている詩です。(私は、この詩が一番好きです)

げにうつし世は 夢ならむ

げにうつし世は 夢ならむ

何事もみな 思いでの

伝えは遠き 竹の里の

何事の名残をとどめてや

何事の名残をとどめてや

これやこの 遥けくも古りにし伝え

後や残るらむ 後や残るらむ

聞こえは朽ちぬ世語りの

なよ竹山に翁ありけり

なよ竹山に翁ありけり

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ぐっときます。詩の紹介もありがとうございます。(没後50年経っているので詩を書いていただいても著作権上の問題になりませんね。)

読んでみたいと思います。bk1では加藤道夫は1冊しか見つからなかったのが残念です。気に入った作家がいると片端から読んでしまうので・・・


3 ● hinop
●12ポイント

坊っちゃん (日本名作選―明治の文豪編)

坊っちゃん (日本名作選―明治の文豪編)

  • 作者: 夏目 漱石
  • 出版社/メーカー: 日本文学館
  • メディア: 単行本

夏目漱石「坊ちゃん」

初めて読んだ時、最初の約1ページは「これはマンガか?」と思うほど面白かったというのを記憶していますが、

最近改めて読み直し、これは世界に残るすばらしい作品だと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

漱石!わたしも大好きです。10年以上前にすべて読んでしまったのですが、今読み直したら新しい発見もたくさんありそうです。


4 ● PreBuddha
●12ポイント

http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=90023357

嵯峨野明月記 (中公文庫)

嵯峨野明月記 (中公文庫)

  • 作者: 辻 邦生
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • メディア: 文庫

西行花伝 (新潮文庫)

西行花伝 (新潮文庫)

  • 作者: 辻 邦生
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

辻邦生の「嵯峨野明月記」

「西行花伝」などがお勧めです。

端正な文体から物語的歓喜が綴られています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

クリストフ・バタイユの訳もすばらしく、ずっと気になっていた作家です。たくさん作品があるのも嬉しいです。わくわく。


5 ● r21spro
●16ポイント

舞姫,うたかたの記―他3篇 岩波文庫 緑 6-0

舞姫,うたかたの記―他3篇 岩波文庫 緑 6-0

  • 作者: 森 鴎外
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 文庫

豊饒の海四部作のうち、第一部、春の雪をおすすめ

します。三島由紀夫は物語性の高度な完成度は勿論

のこと、日本語の言葉使いについて非常に厳しかったという事実があります。その点で三島氏が太宰治を批判した(私は太宰も読みますが(苦笑))した事は有

名です。その三島氏が、日本語の美しさにおいて賛辞を送り続けたのが森鴎外です。森鴎外の作品は、どれを読んでも物語性及び日本語の美しさにおいて卓越し

ていますが、ここでは舞姫を挙げておきます。鴎外の

賛美者として先達の永井荷風もはずすわけにはいきま

せんが、ふらんす物語あたりはいかがでしょうか?

人間性という言葉には色々な考えかたがあると思いま

すが、上の三人の作家にはそれぞれの強烈な個性と生き様において人間性を深く追求したと私的には感じら

れます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

挙げていただいた作家、みな大好きです。昔、辞書を傍らに本を繰っていたことを思い出します。三島由紀夫はすすめていただいた本をはじめ、未読の作品もいくつかありますので、読んでみます。鴎外と永井荷風も、読み直してみたいとおもいます。


1-5件表示/24件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ