人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

CAR(Constitutively active receptor)へのアンドロスタノールとフェノバルビタールの作用の相違について教えてください。
アンドロスタノール、フェノバルビタールの各々の説明は不要です。
URL(日本のサイトでお願いします)もしくは参考書の提示も歓迎。
Googleで単語だけ入れてはいどうぞ、という提示はナシでお願いします。
CYP2BやCYP3A4による転写制御にも触れていただけるとありがたいです。
火曜日の夜までにお願いします。
満足すれば御礼は十分に致します。

●質問者: forget-me-not
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:Active car Google URL サイト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● aki73ix
●77ポイント

http://www.meteo-intergate.com/journal/jsearch.php?jo=co1yakub&y...

医学文献検索サービス -メディカルオンライン

CAR=constitutive androstane receptorとの記述もあるので、参考に

CYP2B誘導機構の新展開:フェノバルビタール(Phenobarbital)応答性のオーファンレセプターとその機能

山田英之

九州大学大学院薬学研究科

薬物動態, 14(3) : 261-262, 1999.

「アブストラクト」は、従量制の方は53円(税込)、基本料金制の方は基本料金に含まれます。

「全文ダウンロード(カラー・グレー)(0.85MB)」は、従量制の方、基本料金制の方共に105円(税込)です。

「全文ダウンロード(白黒)(0.15MB)」は、従量制の方、基本料金制の方共に105円(税込)です

だそうです

http://eisei.phar.kyushu-u.ac.jp/date/sousetsu.html

-研究業績-

から探してきました

http://medical.tanabe.co.jp/public/science/2002_10_11/sci_jsumm....

によるとアンドロスタノールは逆にCAR活性を阻害する逆活性のようですが・・・

http://pharma1.med.osaka-u.ac.jp/textbook2/Antiinflammatory/Anti...

こちらにも、androstanolがCAR活性を阻害することが書かれていますがフェノバルビタールは肝薬物代謝酵素誘導作用を持つので

http://www.sam.hi-ho.ne.jp/tootake/s6371.htm

薬物相互作用

こちらにも

CYP2C9、CYP3A4のをの転写制御を誘導するとかかれてるようです

(恐らくCYP2C9誘導によって血液凝固が延長される)

つまり、アンドロスタノールは酵素阻害体で、フェノバルビタールは控訴誘導体ではないでしょうか?

http://www.miyazaki-u.ac.jp/~itokt/PDF/doutai.pdf

CYP2A6,2C19,2C8/9/18,3A4/5/7の誘導についても記述があります

◎質問者からの返答

>CAR=constitutive androstane receptor

ですね。書き間違えてたようです。何で活性化してるんやろ!

>CYP2C9、CYP3A4のをの転写制御を誘導するとかかれてるようです

うむ、見つかりませんでしたが。

九大のやつはお金出してまで・・・という感じなんでやめときます。

ありがとうございました。

回答つかないと思ってたんですがさすがですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ