人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

何故最近のテレビドラマが面白くなくなったのか、ということを知りたいのですが、そのようなテーマで書いてある本、あるいはそのような著作がある作者を教えてください。

●質問者: 神主ライター
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:テレビドラマ テーマ 面白
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● moonbeams
●24ポイント

ヒットマン―テレビで夢を売る男

ヒットマン―テレビで夢を売る男

  • 作者: 大多 亮
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 単行本

ぼくらがドラマをつくる理由 (角川oneテーマ21)

ぼくらがドラマをつくる理由 (角川oneテーマ21)

  • 作者: 北川 悦吏子 土井 裕泰 植田 博樹 高井 一郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 単行本

That’sテレビドラマ90’s

That’sテレビドラマ90’s

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • メディア: 単行本

最近のテレビドラマが面白いかどうかは、議論の余地があると思いますが、とりあえず当事者の書いた上2冊と、90年代のドラマを押さえることの出来る下の1冊を読まれてはいかがでしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● yaesan
●23ポイント

http://www.mcci.or.jp/www/kyodo/hagimot.html

ラジオの学校 生きるためのことば

ラジオの学校 生きるためのことば

  • 作者: 河内 紀
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • メディア: 単行本

まさに昨日読んでいた本なのですが

「ラジオの学校〜生きるためのことば」河内 紀

がオススメ!60年代のテレビ黎明期からテレビ局に勤め、各賞を総なめにしてきた方の本です。昨今のテレビについて苦言を呈し、面白かった時代の手法や情熱を具体的に書いてます。自分もマスコミ系の仕事なので耳が痛かったし、たくさんヒントをもらいました。

あと、なぜ面白くないのかは直接書かれてないのですが、示唆に富み、刺激的なのは「萩元晴彦著作集」。

テレビマンユニオンという日本で初めてできたテレビ製作プロダクションの創立メンバーであり、亡くなるまで会長を務めた方の本。70年代にクライアントに迎合するテレビ局から離れ、志のある作品を作り続けてきた集団の真髄がわかります。テレビ系の人にはこの人の言葉、バイブルだと思います。


3 ● tzy
●23ポイント

http://www.cqn.co.jp/CQN_01.html

日本映画は再興できる (That’s Japan)

日本映画は再興できる (That’s Japan)

  • 作者: 李 鳳宇
  • 出版社/メーカー: ウェイツ
  • メディア: 単行本

映画俳優がテレビに出るようになってから、映画の衰退が著しくなったと書いてあったと思います。映画の衰退からテレビドラマの衰退を考えてみると、ヒントになるかもしれません。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ