人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

長田弘『本という不思議』の中に、次の記述がありました。

「エド・マクベインのミステリ、87分署シリーズの一つに、ちょっと風変わりな読書家が、ちらとでてきます。かれは、作家は冒頭にすべてを注ぎこむと信じ、本の書き出しを何千となく覚えている……」(p.142より引用)

この「風変わりな読書家」がちらと登場するというエド・マクベインの87分署シリーズの1冊。ご存知の方がいたら、その書名を教えてください。

●質問者: christie
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:エド・マクベイン シリーズ ミステリ 不思議 作家
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● nani
●100ポイント

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/403b32555f5330...

オンライン書店ビーケーワン:殺しの報酬 ハヤカワ・ミステリ文庫 HM 13‐7

「殺しの報酬」だと思われます。

小説の冒頭部分を暗記するのが趣味だという雑誌編集者が第七章に登場し、マーガレット・ミッチェル、ジョイス、パール・バック、ディケンズ等を暗誦します。

(ISBNが不明でしたので、BK1のURLで失礼します)

◎質問者からの返答

長田弘さんの当該箇所の文章にも、ディケンズの『デイヴィッド・コパーフィールド』の書き出し云々と記されているので、教えてくださった『殺しの報酬』で間違いないと思います。

ちらと登場するという人物とのことでしたし、この答えは出ないんじゃないかと思っていたので、非常に有り難く、嬉しかったです。

どうもありがとうございました!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ