人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

近年のDV被害の統計を調べています。離婚原因・離婚裁判の理由としてDVがどのくらいを占めているのか、また、「○人に1人の割合でDVを受けたことがある」「近年の被害者数」など、数字上でのデータがありましたらお願いします。

●質問者: yamatomo
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:データ 数字 統計 被害者 裁判
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/5件

▽最新の回答へ

1 ● tkyktkyk
●18ポイント

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/syonanac/kisya/jyosei0526.ht...

内閣府「配偶者等からの暴力に関する調査」(2002年実施、2003年4月公表)によると、配偶者や恋人から「殴ったり、蹴ったり、物を投げつけたり等」といった身体に対する暴行を受けた女性は15.5%(6人に1人)、うち4.8%は身体的暴行を何度も受けていました。

(回答者=現在または過去に配偶者や恋人がいる(いた)女性1,714人、男性1,409人)

女性の回答者1,714人中、配偶者や恋人から身体的暴行、心理的脅迫、性的強要といった行為を受けたことがあるのは328人で、このうち、その行為によって「命の危険を感じた」のは22.9%、医師の治療が必要となる程度のケガをした人は14.3%にのぼります。

いかがでしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

実に参考になりました。

さらに、近年どのくらい件数が増減しているかのデータなどがあると嬉しいです。


2 ● yjin
●18ポイント

http://www.gender.go.jp/e-vaw/reporttop.htm

離婚に結びつく情報もないので参考になるか分かりませんが、内閣府の報告書がありました。

他、様々なソースへのリンクがあるみたいです。

http://www.gender.go.jp/e-vaw/report/h14reprt.htm

◎質問者からの返答

思惑とは少し違うのですが、これはこれで参考になりました。

やはりここ4〜5年の件数の増加傾向が目で見て分かるものが欲しいです。


3 ● ryohu
●17ポイント

http://www.arsvi.com/0fm/v.htm

傷害罪・暴行罪に当たる暴力を夫・恋人から一度でも受けたことがある女性

⇒100人に3人

・ それを何度も経験した女性⇒100人1人

・ 夫が暴力で妻を殺害した件数⇒1年間に100〜120件

・ そのうち夫から虐待を受け続けていた妻の数⇒約40人

・ 結婚経験のある女性1464人の5%が「・ 命の危険を感じるほどの暴力を受けたことがある」・

・ 暴力をふるう男性の多くは普通の人。学歴や収入は関係ない

加害者男性の職業(DV研の調査)

会社員(40%)、専門職(15%)、技術・作業職(13%)、販売職(13%)、大企業の管理職(11%)、その他、公務員、医師、警察官、自衛隊員、小・中・高・大学教員、銀行員、住職、神官、議員など様々

・ 殺人事件の女性被害者の約3割は、夫あるいは内縁の夫による

・ 離婚調停を申し立てる女性の約3分の1が、夫の身体的暴力を理由に挙げ、その数は年間1万・ 1000件を超える(DV研)

とかいてあります。

◎質問者からの返答

残念なことに若干データが古いようです。

が、一応参考にさせてもらいます。


4 ● numak
●17ポイント

http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/index8files/shingikai/sai...

東京都の調査です。

一時保護所の利用状況や保護命令発令状況など、参考になる報告類かと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ