人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

麺通団の「恐るべきさぬきうどん」を新潮社の文庫本で第2弾の「麺地巡礼」まで買いました。麺通団の単行本と新潮社の文庫本では内容が違うのでしょうか?同じなら第3弾以降も文庫本で読みたいのですが・・・。

●質問者: tagron
●カテゴリ:グルメ・料理 旅行・地域情報
✍キーワード:単行本 巡礼 恐るべきさぬきうどん 文庫本 新潮社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Liner
●50ポイント

http://www.hotcapsule.co.jp/index-online-s.html

麺地創造が本家単行本1巻と2巻の一部、麺地巡礼が2巻の一部と3巻のとりまとめ型と言われています。

新潮社Oh!文庫ではこれ以降のは出ていませんから、4,5巻については別途書店で購入する必要がありますが、B5変形で文庫版はなかったと記憶しております。

また、最新刊「超麺通団」についても、文庫ではありませんし、今度執筆予定とされている「超麺通団2」についても文庫ではない可能性が高くなっています。

◎質問者からの返答

ホットカプセルに聞いたら「地方出版社で文庫化は難しい」との答えでした。ありがとうございました。


2 ● kusurino-okyu
●50ポイント

http://www.hotcapsule.co.jp/cgi-bin/cargo5/sample2/index-udon.ht...

こんにちは。その本の編集に関わった者です。大筋は1の方がおっしゃる通りです。新潮社文庫版は、ホットカプセル版1,2,3巻の中から、「麺地創造」「麺地巡礼」の各タイトルに合った店を抜粋し、順番もバラバラになって掲載されています。店の記事が中心なので、たわいないコラム的な記事や、3巻のS級うどん店の記述も削られています。あと店データのわかりにくい地図も少しわかりやすくなってますね。4,5巻については現在文庫化の予定はございません。どうしてもお読みになりたいのなら、上記の通販サイトからご購入下さい。

◎質問者からの返答

わざわざありがとうございます。「恐るべきさぬきうどん」を知ったのが、さとなおさんの「うまひゃひゃ」なんです。今読むと、さとなおさんもT尾さんのギャグをぱくってますね。まだ香川には行ってませんが、店の情報よりたわいないコラムやしょーもないギャグのファンです。ぜひ単行本を読みたいです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ