人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

かぐや姫は、そもそもどうして地球に来て、さらにどうして月に帰ってしまったのでしょうか? 「○○らしい」という推測ではなく、「この説話集ではこう記載されているから」というような、明確な出典などと共に、その理由をお教え頂ければ幸いです。

●質問者: maiko8
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:いるか かぐや姫 地球
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● 散歩人
●10ポイント

http://www.kcn.ne.jp/~tkia/mjf/mjf-64.html

由来は色々

http://www.pandaemonium.net/menu/devil/kaguya.html

http://www2.ttcn.ne.jp/~kazumatsu/sub216.htm

かぐや姫に言い寄る貴族は実在した?

おまけ

◎質問者からの返答

うむむむ…?

ごめんなさい。たくさんの文がありすぎて、いまいちピンと来ません。


2 ● snowsnow004
●18ポイント

http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/taketori.htm

〔古典に親しむ〕

(月の使者が)言うには、「お前、愚か者よ。ちょっとした善行があったから、お前の助けにと、わずかな間ということで(かぐや姫を地上に)降ろしたのに、多くの年月、多くの黄金を得て、身を変えたようになってしまった。かぐや姫は罪をおつくりになったことから、このように卑しいお前のところに、しばらくいらっしゃったのだ。(今は)罪(を償う罰)の期限も終わったのでこのように迎えにきているのに、翁は泣いている。できないことだ、。(かぐや姫を)早くお出し申し上げろ」と言う。

ということのようです。

◎質問者からの返答

ははぁ…。「罪」とは…?


3 ● jinc
●18ポイント

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3fbd764da64da0...

オンライン書店ビーケーワン:竹取物語 角川文庫

かぐや姫は罪を負い地球に流されて(流刑)きました。原典にそう書かれています。URLは星新一さん訳の文庫本です。(私の情報はここからです)

蛇足ですが、原典ではかぐや姫は月にかえったとはかかれていません、月の方から使者が来たとされています、またかぐや姫は、天に帰る際に羽衣に着替えることで、地球でに記憶がなくなることをにおわす描写がされています。

◎質問者からの返答

あはぁ…。

すごく勉強になりました。ありがとうございます。

どこかで「不倫の罪」みたいなことを読んだのですが…。


4 ● tkyktkyk
●17ポイント

http://www.osk.3web.ne.jp/~t819kwbt/Contents/Kobunn/TaketoriExer...

●「前世からの約束」

出展:9世紀後半の元祖・竹取物語(現代語訳)

「前世からの約束によって、この世界に参りました。今は帰らなければならないときになってしまったので、この月の十五日に、あのもとの国から迎えがやってくるでしょう。」

この約束がどのようなものであったかの記述はないですね…

http://www.kasama-kasama-j.ed.jp/kasama-j/1997/gika/johou/5han10...

他は出展は明確でないですが

●「月の住人であったため」

というのと

●「帝の求婚を断るため」

というものがあるようです。

◎質問者からの返答

ははぁ…。ふむふむ。ありがとうございます。

うむぅ。


5 ● midinco
●17ポイント

http://www.google.com/

Google

URLはダミーです。

板倉篤義校訂の「竹取物語」(岩波文庫)の中では、かぐや姫は、翁嫗に対して、

「私は実は月の都のものですが、事情があってしばらくこの世界に来ました。期限が来たので、今月の十五日には帰らなくてはなりません。(おのが身はこの国の人にもあらず。月の都の人なり。それを、昔の契りありけるによりなん、この世界にはまうで来りける。いまは帰るべきになりにければ、この月の十五日に、かのもとの国より迎へに人々まうで来んず。)」と言っていますが、「昔の契り」がどういう事情なのかは説明していません。

それに対し、迎えのチーフは

「かぐや姫は罪を犯したのでこの世界に流されたのだが、刑期が満了したので迎えに来たのだ。(かぐや姫は、罪をつくり給へりければ、かく賎しきおのれがもとに、しばしおはしつる也。罪の限果てぬればかく迎ふるを、翁は泣き嘆く‥‥)」と説明しています。

付録に「今昔物語集」「海道記」所収の説話が各一編付けてありますが、「今昔物語集」の方は、来た事情、帰る理由については何も語りません。「海道記」の方は、語り手が、「かぐや姫は、前世に翁に養われて、今度天上に生れたので、恩がえしにやってきたのだ。(此の姫は、先生に人として翁に養はれたりけるが、天上に生れて後、宿世の恩を報ぜむとて、暫く此の翁が竹に化生せるなり。)」と説明しています。

◎質問者からの返答

ふむふむ。

やはり真実は闇の中…?

本当にありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ