人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「夢は、叶えた瞬間から埃っぽい現実生活へと変わる」
ということばが、学生時代に初めて聞いたときから、なんとなく引っかかっています。それでも夢を追い続けられる人の原動力はなんなのだろうか?思います。
抽象的な質問ですみませんが、就職・起業・結婚・出産など人生を左右するようなジャンルにおいて、強く願っていた夢を現実にしたその後のことなどについて、へぇなるほどなぁと思えるようなページがありましたら、ご紹介いただけないでしょうか。

●質問者: threecloudjp
●カテゴリ:生活
✍キーワード:へぇ ジャンル 人生 出産 学生時代
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● はまぐち
●10ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

urlはダミー

日本人の「地道さ」ではないでしょうか?趣味に生きる事を世間が寛容(とくに、ものつくり)しているところもあると思いますし。ただ本当の事を言うと、特に技術ってのは死ぬまで修行だと思うので、「実現しない(していない)」てのが、究極の恋愛(片思い)に通じるような気がするのですが。

「サクセスしたぜー」って言っているようでは、単なる山師というか。

◎質問者からの返答

なるほど。きっとそのような回答が来るだろうなぁと思っていました。

私も技術者のはしくれなのでわかる気がします。技術者にとって、究極の理想(夢)が実現されることはないのかもしれませんね。だからこそ技術の進歩が続いているわけだろうし。

たとえば私は幼い頃から看護師に憧れていましたが、成長するにつれて看護師の仕事の現実的な厳しさを知り、憧れだけではやっていけない仕事だと思って諦めました。しかし、そういう単なる憧れを現実的な達成目標として昇華させ、モチベーションを保ち続ける人というのがたまにいます。そういう話を聞いてみたいと思っています。


2 ● Idea-Marathon
●10ポイント

http://www.idea-marathon.net/

Welcome to the Official Website of Idea Marathon System

私は大学卒業後、21年間を海外で過ごしました。その間に就職、結婚、子ども3人を自分の夢の方向に育て、家族仲良く過ごし、現在、自分の第二の人生を、上記のURLに沿って進めています。夢も、たくさんの夢をいちどきに実現するのでなく、パラ(並列)に、次々と新しい夢を考え、実行しながら、次の夢を実現していくことがとても大切です。夢の積上げと、夢の一つ一つの継続からの実現です。それはまさに短い人生を密度を濃くすごす、最高の方法だと思います。私は、いままでいつの時点でも、今が最高、今が厳しく、またこれからも実現する夢があるということでした。

夢の積上げ貯金をがんばってください。私は現在継続している毎日の本の執筆と、発想の記録をこのまま継続していきます。

◎質問者からの返答

なるほど。面白そうですね。HP拝見いたしましたが、常に小刻みな自己実現を積み上げていくことはやはり大切だなと感じました。

夢を叶えたら、また次の夢に向かうべし、ということですね。ありがとうございました。


3 ● Idea-Marathon
●10ポイント

http://www.idea-marathon.net/ja/index.html

補足します。ご参考まで。

日本人の人生の夢は、日本人が島の中に生活する農耕民族としての人生観があると思います。農耕民族としてはアジアの諸国にも多いのですが、日本人の夢に対する感覚は、四季の変化と春の再来を目指すことの人生の繰り返しが、私たちに染み込んでいると思います。狩猟民族、放牧民族との違いは、農耕民族は、今、夢の種をまいておかないと、将来実らないと思っていることです。私は長く海外にいましたが、このあたりの日本人の夢の保持は、一種独特のものがあると感じています。けっこう、日本人がしぶとく、勤勉で、まじめに人生をすごす原動力だと思います。夢を四季に合わせて、育てていくように思います。

私よりもお若いとすれば、四季の変動に合わせた夢を持ち続け、実現しようという気分も強弱を付けると良いと思います。

◎質問者からの返答

確かに「農耕民族」はキーワードのような気がしていました。自分は生まれも育ちも日本でしかも農業県ですし「今、夢の種をまいておかないと、将来実らない」という価値観は自分の中にも根付いているなと感じます。

四季の変動は(当たり前のことだからでしょうか)あまり意識したことがなかったので、目新しいご意見で参考になりました。実現しようという気分に季節に合わせて強弱をつけると、やりやすそうですね。

なんだかちょっとわかってきました。

何度もありがとうございます。


4 ● k318
●15ポイント

http://www.nhk.or.jp/sonotoki/2002_02.html#03

その時歴史が動いた

http://www.nhk.or.jp/sonotoki/2002_11.html#01

その時歴史が動いた

http://www.nhk.or.jp/sonotoki/2003_02.html#02

その時歴史が動いた

マイナスの条件を与えられても屈せず、それをプラスに転じる自己コントロール力があれば、夢を実現した後も、繁栄を維持できると思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

マイナスの条件を、プラスに転じる自己コントロール力ですね。今までの自分に足りなかったのはこれかもしれません。

HP拝見しました。歴史とはさまざまな要素の絡まり合いで紡がれるものかもしれませんが、このような偉業を成し遂げられたのは何より本人の気概があってのこそだろうと思います。見習いたいものです。


5 ● mnr
●10ポイント

http://www.remus.dti.ne.jp/~jintani/kingon.html

心に染みる金言集

波は山と谷があります。

今まで山しか見えていなくて

頂上目指していた自分が

今度は下るだけになってしまったら

埃っぽく感じるときはありますね。

でも、また次の山まで行くまでです。

就職→起業

結婚→出産

しかしながらその行き着く先は

まだまだ先です。

◎質問者からの返答

HP拝見しました。ありがとうございます。

やはり、ひとつの山を越えてしばらくしたら、次の山を目指すことなのかもしれないですね。


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ