人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

マイクル・クライトン著「プレイ」の「はじめに」に
「(1)自意識を持つことが確認されているのはヒト、チンパンジー、オランウータンの三種だけである。
(2)他の動物(イルカや類人猿以外のサルなどを含む)の自意識は確たる形では確認されていない」
ということが書かれています。
「自意識」の定義と、自意識を持っているかどうかを確認する手法について興味があります。
(1)か(2)あるいはその両方の根拠となる文献かウェブサイトを教えてください。
それがなければ、自意識の定義と自意識の有無を確認する手法を書いた文献等を教えてください。

上記の内容を否定するものでも根拠がしっかりしていれば結構です。
専門家が書いたもので科学的な分析がきちんとなされているものだけをお願いします。
一般向けの本(ただし参考文献がきちんと挙げられているもの)が望ましいですが、専門的な論文でもかまいません(言語は日本語か英語のみでお願いします)。

●質問者: memento
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:いるか イルカ ウェブサイト オランウータン サル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● moritamasahiro
●10ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4812201098/250-4796522-...

Amazon.co.jp: 大型類人猿の権利宣言: 本: パオラ カヴァリエリ,ピーター シンガー,Paola Cavalieri,Peter Singer,山内 友三郎,西田 利貞

http://members.jcom.home.ne.jp/ksrc/f010016.htm

明確な根拠がないのでポイントは不要です。

(気に入らなければ、10ポイントお返しします。)

マイケル・クライトンの根拠はわかりませんが、一部の類人猿は手話による「会話」が可能であり、チンパンジー、ボノボ、オラウータン、ゴリラは言語能力が確認されているようですので、直接確認できたということではないでしょうか?

なぜ、ゴリラが含まれていないのかはわかりませんが。(ボノボはチンパンジーと区別してないのかな?)

◎質問者からの返答

ありがとうございます。「言語能力、思考能力=自意識」ということでしょうか。

これ以降は、ここで「自意識」と呼んでいるものの定義がわかるような回答をお願いします。


2 ● twomagpies
●50ポイント

http://www.qualia-manifesto.com/news.html

news

ミラーテストの項をご覧ください。

http://plato.stanford.edu/entries/consciousness-animal/

Animal Consciousness (Stanford Encyclopedia of Philosophy)

動物の自己認識に関するサイト(英語版。ここでも上記ミラーテストについて書かれています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。求めていた回答のようです。twomagpiesさんは、こういったことに関する研究をしている方でしょうか。

あとひとつ回答を開いて終わりにしようと思います。


3 ● twomagpies
●0ポイント

http://www.qualia-manifesto.com/news.html

news

1) 3種だけ。上記サイトの「ミラーテスト」の項をご覧ください。

http://plato.stanford.edu/entries/consciousness-animal

Animal Consciousness (Stanford Encyclopedia of Philosophy)

動物の自己認識に関するサイト(英語版。ここでも上記ミラーテストについて書かれています。

◎質問者からの返答

うう、終わります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ