人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本の生命保険業界に影響を与え得る、政治・経済・社会におけるここ1年程度の時事トピックとして、どのような事例がございましたか?
また、それぞれの事例について、どのような影響が考えられますか?

●質問者: tfu
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:トピック 政治・経済 業界 生命保険 社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● Liner
●30ポイント

http://www.boj.or.jp/

日本銀行

日銀は当分の間低金利政策を続けているという事実。

結果として公定歩合はひどい数字を記録しているが、これは生保業界にとって見れば予定利率を低く継続できるわけで、運用益を大幅に見込めることから好材料ではないかと思うのですが。

生保損保共に業界再編が続いていますなぁ。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。その通りだと思います。

また、「好材料」等、題材の影響の方向性を示して頂けると、大変ありがたいです。

どんどんトピックを教えてください。(出来れば網羅的に)


2 ● numak
●20ポイント

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/annuity/

Yahoo!ニュース - 年金問題

やはり、国民年金法の改正でしょうか。

ただ、将来の不安=保険加入に

つながらないのが、景気がまだ回復して

いない証拠なのかもしれません。

http://www.hoken-de.com/

PlaceHolder for hoken-de.com

週間単位で保険業界のニュースが

チェックできるサイトみたいです。

参考まで。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。年金法改正は、業界にとっては機会でしょうね。下の方のサイトは、最近更新されていないみたいですが、こういうのがあると有り難いですよね。


3 ● k318
●10ポイント

http://money.msn.co.jp/insure/column/columncon.asp?nt=10&ac=2005...

株価、為替、投資信託、住宅ローン情報 - MSN マネー

生保予定利率引き下げ法案が可決・成立

保険会社が契約者に約束した運用利回り(予定利率)を破綻前に引き下げることを可能とする改正保険業法が成立し、2003年8月24日に施行されました。

という大ニュースがありました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ただ既出です。


4 ● hotsumi
●10ポイント

http://www.fpbrain.net/column/2002/feb/11.html

太陽生命と大同生命が合併して、相互会社から株式会社に転換して、東証に上場しました。

数年前の雑誌を見ると、相互会社から株式会社への転換は、利害関係者が多いため、かなり難しいようなことが書いてありました。

株式会社化することにより、資本調達がしやすくなるので、経営危機が囁かれている大手のA生命とかも、いずれ株式会社化するのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

最近、株式会社化が進んでいますね。ありがとうございます。


5 ● kk0321
●10ポイント

http://it.nikkei.co.jp/it/news/privacy.cfm?i=2004082808135vl

やはりこれも大きいと思いますが。

対策コストは相当かかっているし、

これからもかかるはずです。

◎質問者からの返答

生命保険業界固有の問題ではないですが、コストはかかってくるでしょうね。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ