人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

dermatopathic lymphadenopathyとはどういう疾患か教えてください。

●質問者: anohinosora
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● l0_0l
●29ポイント

http://www2.gol.com/users/miyazaw2/ninteii.html

皮膚病性リンパ節症

http://kc.med.okayama-u.ac.jp/~patho/image2/2b/lymph/b-155/

皮膚病性リンパ節炎は原因不明のリンパ節炎だそうです・・

◎質問者からの返答

もっと具体的かつテキスト的に説明したものを知りたいです。


2 ● idzt
●16ポイント

http://kc.med.okayama-u.ac.jp/~patho/image2/2b/lymph/

皮膚病性リンパ節炎

だそうです。


3 ● ohayo111
●16ポイント

http://kc.med.okayama-u.ac.jp/~patho/image2/mondai2/doc2/patho02...

皮膚病性リンパ節炎 dermatopathic lymphadenopathy 組織標本

種々の皮膚疾患、とくには剥脱性皮膚炎の際、表在性のリンパ節が腫大する。リンパ節の正常構造は保持されているが、副皮質領域の著明な拡大が特徴である。病巣には組織球、ランゲルハンス細胞(Langerhans cell:LC)あるいは樹枝状細胞(interdigitating cell:IDC)の増殖が見られる。組織球の多くはメラニンを貪食している。その他、リンパ濾胞の過形成、形質細胞あるいは好酸球の浸潤をみることがある。

だそうです。

質問の意味と違っていたら申し訳ありません。


4 ● aki73ix
●10ポイント

http://www5b.biglobe.ne.jp/~gouya/08.htm

皮膚病性リンパ節症 Dermatopathic lymphadenitis

アトピーなどの慢性皮膚病変が転じて、腋窩リンパ(脇にある部分)や鼡径リンパ(足の付け根)の腫瘍がおおきくなることです

濾胞性の癌などから発生するものもあるようです

http://www.jscp.org/booklet/guideline/38.pdf

参考


5 ● saitama_urban
●19ポイント

http://kc.hospital.okayama-u.ac.jp/~patho/pathology2000/patholog...

皮膚病性リンパ節症です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ