人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

かつて文章の書き方は「段落初行一字アキ」が原則であり、すべての
印刷物に適用されましたが、ネット文書では約一割しか見あたりません。
まさに絶滅目前ですが、あなたの見解や考察を聞かせてください。

(キーワードは「段落・行頭・一字下げ」で検索できます)

●質問者: adlib
●カテゴリ:コンピュータ 学習・教育
✍キーワード:あなた キーワード ネット 印刷 検索
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 36/36件

▽最新の回答へ

1 ● noharm
●20ポイント

http://noharm.s14.xrea.com/

noharmのおうち

そのおかげで大昔試験落ちました。

すべての文章からなくなってくれたら

こんなにうれしいことはないと思います(^^

◎質問者からの返答

大胆率直かつ実証的な、すばらしい意見です。

(大昔、というのはいつごろでしたか)

決して同意するつもりはありませんが……。


2 ● egaoonn
●20ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

私は日記など長文の場合は一字下げますが、掲示板に書き込む場合など「文章」というほどのものではない時は、気にしません。決まりだから機械的にひと枡あけなくちゃ、というのではなく、読んでもらう側への見やすさへの気配りにはやっぱり必要じゃないですか。

◎質問者からの返答

>決まりだから機械的にひと枡あける<

>読んでもらう側への見やすさへの気配り<

なるほど(認識のちがいが)すこし分りかけてきました。

わたしは、決まりだから「一字アキ」にすべきとは思わないのです。

その行が段落であることが一目瞭然だからなのです。あなたの回答を、

わたしのルール(32字詰)で再現すると、こうなります。

>>

私は日記など長文の場合は一字下げますが、掲示板に書き込む場合な

ど「文章」というほどのものではない時は、気にしません。

決まりだから機械的にひと枡あけなくちゃ、というのではなく、読ん

でもらう側への見やすさへの気配りにはやっぱり必要じゃないですか。

<<


3 ● tzy
●30ポイント

http://www.tagindex.com/html_tag/text_font/p.html

HTMLタグ/テキスト・フォントタグ/段落を指定する - TAG index

基本的には、HTMLの仕様に問題があるような感じです。今改めて確認してみると、<p></p>タグでもインデントが入らない模様。

コード的には一対のタグで段落がブロック化されているわけですから、段落が強く意識されているように思うのですが、その意図が表示面に反映されていない。

それでこうやって全角スペースを入力することになるのですが、アルファベットを使う言語の場合、スペースは語と語を分ける重要な区切りとして意識されるのに対し、日本語の場合はその必要もないわけで、スペースが実体として意識されにくいことが、今日の状況を作り出しているのではないかと考えます。インデントよりも行間で段落を表現するのだと思います。

◎質問者からの返答

>HTMLの仕様に問題があるような感じで<

>スペースが実体として意識されにくい<

つまり、日本語表記は二の次だったのですね。

当初ワープロ時代のなごりで、全角スペースのかわりに、半角を二つ

続けて打っていたのですが、これをメールやHTML上に貼りつけても、

まったく認識されないことに困惑しました。

わたしは“タグ”が苦手なので、ほかにもこのような“認識化け”が

あるため、かならずエディターで起稿することにしています。

このコメントも、テキストボックス内では考えがまとまらないのです。


4 ● yoyan
●20ポイント

http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/bunshoupeji.htm

よい文章の書き方

「文章の書き方」などというサイトではさすがにそうなっていますね。

しかし私は横書きの場合頭をそろえた方がきれいだと思います

2行くらいの文章で2行目が1行目より頭ひとつ出ているのはどうもガタガタしてて見栄えが良くないと思います。

なくなるといいですね、こんな「決まりごと」は。

◎質問者からの返答

>頭をそろえた方がきれい<

>頭ひとつ出ているのはどうもガタガタしてて見栄えが良くない<

(前述)決まりだから「一字アキ」にすべきとは思わないのです。

その行が段落であることが一目瞭然だからなのです。

下記の2例は、第3行目が新しい段落のはじまりなのか、前行の続き

であるか区別するための比較です。下段の例は、どちらとも見えますね。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□、

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□、

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□。


5 ● TomCat
●20ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1

人力検索はてな

私の場合は、段落内を原則改行無しで書く場合のみ、

段落初行一字下げを行っています。

今書いているような適当な位置で改行していく

書き方の場合は下げません。

そのかわり、段落間を一行開けます。

ネット文書の場合は、

インターネット以前のパソコン通信の時代から

そうしたスタイルが標準だったように聞いています。

◎質問者からの返答

>適当な位置で改行していく書き方の場合は下げません<

>パソコン通信の時代から そうしたスタイルが標準だった<

パソコンは、散文よりも韻文のスタイルを選んだのでしょうか。

段落間を、ひんぱんに一行開けるのは、パソコンならではの手法で、

改行のための容量が2バイト(全角一字)と、低コストだったからです。

(新聞のような紙面では、活字もスペースも、ほぼ同じコストなので)


1-5件表示/36件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ