人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

学校給食は残さず食べなければいけない物でしょうか?。

基本方針として残さず食べよう、というのはいいとして、もし、どうしても食べられないものがあり、親もそれを容認しているなら、無理をしてまで食べなくてもいいと思うのです(好き嫌いの範囲でも)。しかし、これを友人にいったら「給食に出てくる物は食べられるようにならなきゃだめなんだ」と袋だたきに遭いました。

例えば、社員食堂が給食のように一日一メニューで、しかも「絶対これを食べろ」「のこすな」という押しつけだったらみんな怒りだすと思います。子供にはそのような押しつけをしてしまうのは原則としてはおかしいと思うのです。

僕のいっていることはおかしいのでしょうか?

おかしい/おかしくない(両者理由付き)、でお願いします。

#別に給食そのものに文句がある訳ではないです。絶対に食べないといけないという考え方に文句があります。

●質問者: roboR
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:いもの たらみ 子供 学校給食 社員食堂
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 30/30件

▽最新の回答へ

1 ● fed
●11ポイント

http://www1.jca.apc.org/kyusyoku/

学校給食ニュース

私はおかしくないと思います。

だれにでもどうしても食べられないものがあります。

しかし、私は「少し無理をしたら食べれる」というものは、社会に出た時のために(食事などで)なるべく食べるようにすればいい、という意見です。

つまり、「どうしても食べられないもの」は無理に食べなくても良い、「少し嫌い」ぐらいならば(栄養的、社会的に考えて)食べるべき、ということです。

※ちなみに私は好き嫌いがおおいです^^;

◎質問者からの返答

全く同感です。僕は好き嫌いは多くないのですが、食べると気分が悪くなることがあります。品目というか食べ物の個体差によるんです。子供のころは平気だったんですが、もし給食でそういう事態になっていたら、、とおもうと考え込んでしまいました。


2 ● taku-sugiyama
●11ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1094464180#/

学校給食は残さず食べなければいけない物でしょうか?。 基本方針として残さず食べよう、というのはいいとして、もし、どうしても食べられないものがあり、親もそれを容認.. - 人力検索はてな

ダミー

URLはダミーです。

おかしいと思います。

子供にも意思や権利はあるはずです。だから、必ずしも食べなくてはいけないという強制は良くないと思います。しかし、食べられるようになってほしいと思うのも当たり前です。だから、できる範囲で食べればいいものだと考えています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● osarivan
●11ポイント

http://www.city.iruma.saitama.jp/Shisetsu/Kyouiku/Kyusyoku.htm#n...

学校給食センター

あなたの言ってる事は、おかしくないです。

今の世の中、嫌いな食べ物を食べないと栄養失調になるなんてことはありえません。

学校給食が求めている栄養バランスで言えば、違う食べ物で補うようにすればよい事で、

無理に食べさせるのは、ストレスとなってしまい、挙句の果てには嫌いな物が給食で出る時は

学校に行く前から、おなかが痛くなってしまうと言うようなことが起こり得ます。

大人になっていく上で食べられるようになるかもしれませんし強要はよくありません。

嫌いな食べ物がないと言うのは、すばらしい事だと思いますが、嫌いな食べ物をなくす事が

給食の目的になってしまったら、

みんなと一緒に同じ物を食べると言う目的が意味をなさなくなってしまいます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。大人になっていくうちに食べられる、ていうのが現実的には好き嫌いが少なくなっていくプロセスで一番多いんじゃないかという気がしています。無理矢理食べさせてもねぇ。


4 ● tkyktkyk
●11ポイント

http://www.houko.com/00/01/S29/160.HTM

学校給食法

「おかしくない」ですよ。

URLは学校給食法という法律の条文です。

其れに拠れば、給食の定義は

「学校給食が児童及び生徒の心身の健全な発達に資し、かつ、国民の食生活の改善に寄与するもの」であることを睨んで定められたものです。

そしてその目標は、

「学校生活を豊かにし、明るい社交性を養うこと」と

「食生活の合理化、栄養の改善及び健康の増進を図ること」であります。

すなわち、他の生徒と同じ時間に同じものを食するという団欒の機会については、食べなかったから其れらが阻害されるものではないと思われます。

また、栄養と健康の面から食べるべきである、というものは現代社会においてはサプリメント等で補えるわけですから、どうしても食べたくないというものであれば、別に補填する方法を考え、実行すればよいと思われます。

まあ好き嫌いは幼少のうちになくしておいた方がよいですし、

それを矯正する、という意味では「残さずに食べる」ことに意義はあると思いますよw

ちなみに嫌いと容認されているものって何なんですか?

◎質問者からの返答

なるほど。しっかり定義されているんですね。例えばなので具体例はないです。話の発端は「関西でも納豆が出るんですよ」「納豆食べられない人はどうするの?」です。


5 ● paphio
●11ポイント

http://www.geocities.co.jp/

Yahoo!ジオシティーズ - 容量50MBのホームページスペース。日記やゲストブック、アバターなどの機能。

■おかしくない

私は小学生の頃、給食が嫌いで仮病を使って休んだことが何回もありました。

学校、勉強は嫌いでないのに、強制的に食べなくてはいけない給食のために、学校を休むことを引け目を感じたことを覚えています。

私も子供は、今小学生ですが、給食は食べられるだけ食べて、時間になっても食べられないときは残しても良いという教育を行っているようです。

私自身、強制的に食べさせられても、好き嫌いがなくなったわけではありません。

小学校のとき嫌いだった物は、今でも嫌いです。

私は、好き嫌いを認める今の教育にとても満足しています。

好き嫌いも人によって、度合いの違いがあり、好き嫌いのない人にとっては、なんでもないことが、嫌いな物を無理に食べさせられる苦痛は経験した人にしかわからないと思います。

◎質問者からの返答

私の友人でも同じような人がいました。その当時は薄々疑問に感じていてもはっきりはわかりませんでしたし、明確に反論する能力もありませんでした。今の学校はそういうことはしていないようで安心しました。


1-5件表示/30件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ