人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近、プロ野球の近鉄球団の問題でしっちゃかめちゃかになっていますが、なにか、全く近鉄経営陣の経営センスの皆無さを感じて仕方がありません。

近鉄バッファローズほどの球団ならば100億円ぐらいで売れば買う人はいると思うのですが、なぜ、合併などという全く特にならない方法をとるのでしょうか。もしわたしが株主だったら、ハッキリと「高値で売れ」と言及するのですがライブドアなんていうたいして資金力のない企業がかなりたたき買おうとしています。

これって、かなり近鉄が馬鹿だって言うことを証明していませんか?

プロ野球はそんなに、貶められるべき存在ではないとファンとして思っています。ご意見ください。

●質問者: noda073
●カテゴリ:ビジネス・経営 趣味・スポーツ
✍キーワード:かめ しわ バッファローズ プロ野球 ライブドア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 14/14件

▽最新の回答へ

1 ● tokmin
●13ポイント

http://yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

まったくの同感です。

ただ近鉄が合併の方向で動いていたのは

あの「ナベ○○」の圧力が相当あったのでは?

それで合併の方向で進んでいたから

今更方向転換するにできなく強引に進めているとか。

新規参入組はすぐに撤退するかもしれないから

信頼できないから売ることができないとかいうコメントがありましたが、

合併すればなくなってしまうわけで、

なくなるくらいなら、将来的には撤退されても、

一度新規参入組に挑戦させてみるのもいいかと思います。

だいたい新規参入するためには加盟金30億くらいが必要

などという変な決まりがあることがおかしいですよね。

経営がやっていけないなら、やっていけるところに高く売ればいい、

それは経営の視点でみれば明らかなはずです。

合併は本来収益の向上などを目指すために行うものです。

こんな逃げの合併など誰が喜ぶんでしょうか?

馬鹿というかナンセンスですよね、全く。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

すごくすっきりしました。

やっぱり「経営者」として全くおかしいですよね。なんで高く売らないのだろう??? って思います。売り手市場なはずなのに。全く経営センスがありません。


2 ● left13
●13ポイント

http://www.google.co.jp/

Google

アドレスはダミーです。

ライブドアさんは、近鉄買収に30億払うといっています。

そして別に、プロ野球球団、新規参入の費用として60億必要です。

諸経費を踏まえれば、100億超えると思えます。

今、100億をすぐに払える会社といえば、ライブドアさんとソフトバンクさんぐらいしかないように感じます。

◎質問者からの返答

トヨタは、純利益で一兆ですよ。

出せる企業はいくらでもあります。

100億なんて、今の好調の日本企業には、広告費としてはだとうな額です。というか、電通暴利すぎ。


3 ● RyuichiXP
●12ポイント

http://d.hatena.ne.jp/RyuichiXP/

Aggressive Style II

->「近鉄を売ればよい」と言う意見について。これは、近鉄側も売ってしまうとかえって、ファンがいなくなってしまってしまい、最終的には近鉄の株価が下がってしまう

からだと思います。「売る」のと「合併する」ほうが企業を守るためだと近鉄側は考えたからなのでは?

http://corp.livedoor.com/company/outline.html

株式会社ライブドア - 沿革

->ライブドアについての企業情報です。

うちの知人の話によると、この企業は米

Microsoft社と同様に、いろんな企業を買

収して、大きくなった企業だと聞いてお

ります。「資金力のない企業」だからと

いってベンチャーを侮ってはいけません。

◎質問者からの返答

えーと、高々売り上げが数百億円の企業と、数兆円の企業を比べないでといっているまでです。

四季報見てください。

桁が三つは違います。


4 ● TomCat
●12ポイント

http://prismatica27.hp.infoseek.co.jp/

近鉄・オリックス球団合併と1リーグ制に反対するHP-top

いや、今回の合併劇は、

あくまでナベツネらの主張する

「1リーグ制」を実現するためのものであって、

近鉄の経営問題とは別個のところに根があるわけです。

普通なら真剣に再建しますよ。

あるいは再建不能なほどに経営が悪化してしまえば

もう手放すしかないわけですから、

そうなれば阪急がオリックスに、

南海がダイエーに移譲されたように、

オーナーが変わって球団はそのまま存続するはずです。

なのになぜ中途半端な「合併」なのか。

はじめに「1リーグ制」構想ありきだからです。

>もしわたしが株主だったら、ハッキリと「高値で売れ」と言及するのですが

全くその通りだと思います。

合併が強行されれば株主は訴訟を起こす権利がある

と語る弁護士もいるようです。

近鉄は資力の前に球団経営に対する熱意を失った。

そこを「1リーグ制」主義者に利用された。

そこが問題です。

単なる経営上の問題なら球団を持たぬ企業の資本を迎え入れ、

新たな体制でチーム存続に全力を上げる方法だってあるはずです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

うーん、1リーグ制のぜひについては、jリーグや欧州サッカーを愛している身としては、うわーと悶絶するしかないのですが、どうなのでしょうか。個人的には、長いペナントの末の、日本シリーズには本当に興奮させられました。その日本シリーズがなくなると考えると、さすがに、もったいないと感じます。

というか、何でプロ野球って降格ないんでしょうか。


5 ● tengu
●12ポイント

http://blog.melma.com/00042082/20040901

今回の件は読売と西武とオリックスが書いた絵だと思いますが、近鉄としては売却して、新球団が黒字になったりすると本当に馬鹿が証明されてしまいます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

問題は、いかに高く売るかですよね。

プロ野球界の威信はここにかかっているのではないでしょうか。100億、馬鹿にすんなって、気概が必要ですよね。

ちなみに、実質経済効果は、それを上回ると思います。老害な経営者、ちゃんと見積もりはしてくださいね。


1-5件表示/14件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ